WordPressのカスタム投稿タイプの条件分岐タグまとめ(シングル・アーカイブページ)

WordPressのカスタム投稿タイプのシングル・アーカイブページをタームで指定して条件分岐する方法を紹介。

WordPress ロゴ

シングルページの条件分岐を[is_tax]で指定して全然動かなかったので調べてみると、シングルページの場合は[is_object_in_term]を使うようですね。

カスタム投稿タイプの条件分岐

シングルページの条件分岐の基本は以下の形です。

<?php if (is_object_in_term($post->ID, '$taxonomy','$term')): ?>

$taxonomy:タクソノミー名
$term:タームID、ターム名、タームのスラッグ

タクソノミーのタームで条件分岐(シングルページ)

タクソノミー名「product_cat」ターム名「new」で条件分岐したい場合

<?php if (is_object_in_term($post->ID, 'product_cat','new')): ?>

<?php else: ?>

<?php endif; ?>

となります。

同じタクソノミーで複数のタームを指定する場合は[array]を使います。

<?php if (is_object_in_term($post->ID, 'product_cat',array('new','old'))): ?>

<?php else: ?>

<?php endif; ?>

タクソノミーのタームで条件分岐(アーカイブページ)

[is_tax]はアーカイブページでの条件分岐で利用します。

<?php if (is_tax('product_cat')): ?>

<?php else: ?>

<?php endif; ?>
<?php if(is_tax('product_cat', array('new','old'))): ?>
 
<?php else: ?>

<?php endif; ?>

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント