「Freemake Video Converter」を使ってDVDをコピーする方法

今回は「Freemake Video Converter」を使ってDVDをコピーする方法を解説します。

ソフトのインストール・エンコーディング方法については、下記記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

関連記事:動画変換ソフト「Freemake Video Converter」のインストール方法と使い方

DVDをコピーする前に(注意点)

まず初めに注意しなければならないのが、著作権で保護されているメディアをコピーする行為は違法ということ。

DVD標準のCSS暗号化(コピーガード)を解除してDVDをコピー/リッピングする行為は違法行為と著作権法に規定されています。2012年10月以降、個人的な範囲でDVDをコピーする行為も違法となりました。

コピーガード(英語: Copy protection)とは、BDやDVDやVHSなど映像メディアや、CDやMDなどの音楽メディア、その他、パソコンソフトやゲームソフトなど各種メディアにおける無断複製を防止するため、著作権者が自ら、その著作物が複製出来なくなるように処理すること。

LINK:コピーガード – Wikipedia

そのため、メディアをコピーする場合は、著作権で保護されていないファイル(個人で撮影した映像等)で利用するようにしましょう。

「Freemake Video Converter」を使ってDVDコピーする方法

Freemake Video Converterは、ムービーを空のディスクやパソコンのハードドライブにコピーできるDVD コピーソフトです。パソコン初心者の方でも手軽に利用できます。

1.ファイルの取り込み

まずは、DVDディスクをDVDドライブに入れます。

次に、メニューのコマンドボタンにある「DVD」ボタン(青のボタン)をクリックし、DVDフォルダ(VIDEO_TS)又はDVDドライブを選択します。

「DVDを開いています」のメッセージが出た後、しばらく待っていると画面上に読み込んだDVDの一覧が表示されます。ファイルが複数出てきた場合は、全部チェックを入れれば大丈夫です。

そのあと「OK」をボタンクリックすると、データがソフトに反映されます。

2.出力設定

変換したデータが入ったことを確認出来たら、下のメニューの「DVD」ボタン(緑のボタン)を選択。別窓で書き込みウィンドウに「タイトル」「宛先」を設定します。DVDメニューの編集も可能です。

設定が完了したら、空の状態のディスクを入れて「書き込み」ボタンをクリックすると書き込みが始まります。

動画の長さやパソコンのスペックにもよりますが、それなりに時間がかかると思いますが気長に待ちましょう。書き込みが終了するとポップアップが表示されます。

DVDをコピーする方法 まとめ

いかがでしたでしょうか。DVDコピーというと少し難しいイメージを持っている方もいるかと思いますが、ソフトを使うとかなり簡単にコピーが可能です。

Freemake Video Converterはコピー以外にも、DVDの編集・圧縮・再生といった機能も備わっているので色々試してみてください。

LINK:DVDコピーフリーソフト

Related Posts

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

Comment