Twitterで拡散されやすい時間帯

Twitterで最も拡散されやすい時間帯は?100万ツイートを分析した結果…

WebマーケティングやSEO関連の情報を取り扱っているメディア「ferret」で、「ツイートの投稿時刻」と「リツイート数の相関関係」を調べた調査結果が紹介されていました。

「あんま可愛くなくない?」元彼の今カノのSNSを見てほくそ笑む女性

調査はランダムで100万ツイートを分析し、Twitterで拡散されやすい時間帯を算出しています。かなり信ぴょう性の高い結果が出てますので、リツイート数を増やしたいTwitterユーザーは必見です!

Twitterで最も拡散されやすい時間帯は…

結論から言うと、平日は5時・11時・15時・20時、休日は8時・12時・14時・16時のツイートが最もリツイートされやすい傾向があるとのことです。特に「朝5時」はツイート数が少ないものの、リツイートされやすい穴場の時間帯とされています。

Twitterでリツイートされやすい時間帯(平日)
IMAGE:ferret
Twitterでリツイートされやすい時間帯(休日)
IMAGE:ferret

また、時間別のツイート数は、平日・休日ともに朝5時から徐々に伸び21時台がピークとなり、その後は下がっていきます。

時間別ツイート数・ツイート人数(平日)
IMAGE:ferret
時間別ツイート数・ツイート人数(休日)
IMAGE:ferret

つまり、ツイート数とリツイートされやすさは比例していないということがわかります。この現象について、元記事では次のように考察されています。

ビジネスタイムである日中は、受動的にタイムラインを見ているユーザーが多く、フォローしているアカウントに対するリアクションがされやすく、16時以降はプライベートタイムであるユーザーが多く、能動的に投稿するため、他社のツイートに対するリアクション率が低くなると考えられます。

特に21時から1時頃のユーザーの多い時間帯は、他の時間帯と比べるとリツイートされやすさは低くなっています。この時間帯にタイムラインに流れるツイートが多く、ツイートが目立ちにくいことが原因と思われます。

一見、アクティブユーザーの多い夕方から夜にツイートした方が拡散されやすいと思いそうですが、実際はそう単純ではないというのが面白いですね。ユーザーの状況やタイムラインに流れるツイート(流速)の早さなど、様々な要因が絡み合いズレが生じているようです。

当ブログも今回の調査結果を踏まえて更新ツイート時間を設定し、経過を観察したいと思います。時間帯を変えることで、リツイート数やアクセス数に変化が出たら、あらためてブログで報告しようと思います。

LINK:Twitterで拡散を狙うなら朝5時が穴場!100万ツイートの分析で判明したTwitterで拡散されやすい時間帯

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

TwitterでWeberNoteをフォローしよう!

コメント