ブログがSSL化(HTTPS対応)しました

【SEO対策】ブログを常時SSL化(HTTPS対応)しました!Googleの検索結果にも影響あり

当ブログで利用しているサーバー「wpXクラウド」に独自SSL(https)の機能が追加されたので、WeberNoteでも常時SSL化に対応することにしました

パソコンのセキュリティ

SSLとはインターネット上で通信を暗号化する技術です。SSLを利用してパソコンとサーバ間の通信データを暗号化することで、第三者によるデータの盗聴や改ざんなどを防ぐことができます。つまり、SSLに対応したことで当ブログのセキュリティが向上したということになります。

関連記事:WordPress専用のレンタルサーバー「wpX」に移転!ブログが高速化したのか比較検証

wpXサーバーのSSL化は超簡単

常時SSL化することによりブログのURLが変わりました。

元のURLは「http://www.webernote.net/」でしたが、新しいURLは「https://www.webernote.net/」となっています。「s」が付いただけですが、これだけでGoogleは別のURLとして認識します。

SSLを導入するメリットは先述の通り、セキュリティの強化信頼性の向上にあります。また、Googleは2014年にSSL化されたWebサイトをSEOの評価として優遇することを発表しています。そのため、SEO対策にも効果があります。ただし、現時点ではSSL化のSEOに対する優位性は微々たるものです。

LINK:SEOにも影響するWebページ全体HTTPS化(常時SSL)の効果と実装のポイント

良いこと尽くめに感じるSSL化ですが、なぜ世の中にある全てのサイトが対応していないかと言えば、一番のネックはその敷居の高さ…面倒臭さにあると思います。すでに運用中のWordPressサイトを常時SSL化するとなると、「一般設定」「テーマファイル」「投稿記事」などに含まれるサイトアドレスの変更や.htaccessを用いた301リダイレクトの設定など、複雑な作業が発生します。

しかし、wpXではこれら設定をコントロールパネルから自動でやってくれます。

  • 一般設定「WordPress アドレス」「サイトアドレス」のSSL化
  • 投稿記事、固定ページに記載しているサイトアドレスのSSL化
  • テーマフォルダ配下のファイルに記述しているサイトアドレスのSSL化
  • 常時SSL化を実現する自動転送(リダイレクト)設定の有効化

WPXでSSL化

LINK:マニュアル – 独自SSL設定 / WordPress専用の超高速レンタルサーバー! wpX(ダブリューピーエックス)レンタルサーバー

サイトによって微調整は必要な場合もありますが、面倒な作業はほとんどせずに移行が出来ると思います。当ブログも軽微な修正のみで問題なくSSL化できました。

当ブログで利用している「wpXクラウド」は、WordPressが1つしか使えない、メールが使えないといった縛りがありますが、逆にその条件さえクリアしてしまえば、コストパフォーマンスは最高です。もしサーバー選びやSSL化に悩んでいる場合は、検討してみていいサービスだと思います。

LINK:wpXレンタルサーバー
LINK:wpXクラウド

関連する記事

コメント