これは怖い!「スマホ症候群」によって生じる身体のトラブルに注意

iPhoneを購入してから、移動中や電車の中でスマートフォンの画面を見ることがとても多くなりました。

トナカイ、休憩時間にスマートフォン

私のように一日に何時間もスマートフォンをいじる人はちょっと注意した方がいいかもしれません。

その悪い姿勢「スマホ症候群」ではありませんか?

先日、こんな記事を目にしました。

一昨日、ミーティングをした後に夜11時過ぎに地下鉄に乗る機会があり、その時に「ふとっ」前に座っている人達に目をやると、なんと前の長椅子に座っている人すべてがスマートフォンを使って真下を見ているではないですか!

ビックリして、隣に目をやれば両隣もスマホ中。電車の中、酔っ払っておしゃべりをしているグループを除いて、まさしく「スマホ症候群」でした!

スマートフォンを長時間使用して下を見ていると、首が前傾し、首のカーブが失われてしまいます。その状態を「ストレートネック」と呼んでいます。この「ストレートネック」は、通常あるはずの首の生理的前彎(読み方:ぜんわん前へのカーブ)がなくなり、まっすぐになってしまう状態をいいます。ひどくなると、なんと逆のカーブになってしまう場合もあるのです。

LINK:あなたは「スマホ症候群」になっていませんか

これは怖いですね。

スマホ症候群チェック

簡単なチェックでスマホ症候群の深刻度がわかるようなのでやってみました。

1.スマホやパソコン使用で肩こりや首こりを感じる
めっちゃ肩こります。
2.パソコンを一日5時間以上使っている
10時間は使っています。
3.猫背である
とっても猫背です。
4.天井を見ようとすると首に痛みや違和感がある
痛みはないですが、コリは感じます。
5.目が疲れやすく、ドライアイになっている
医者にドライアイがひどいと言われました。

思いっきり当てはまってる…orz

スマホ症候群の予防策は?

記事によると「画面を見る時に、持つ手の肘の角度は90度で反対の腕を持つ手の肘の下に入れる」と良いそう。目線が下に向かないことが大事ということですね。

生活を変えるのはなかなか難しいので、危険信号が出ている私は特に意識して気をつけようと思います!Web業界で働いている方は結構当てはまっちゃうと思いますので、お気を付けください。

ただちょっと思ったんですけど、この症状ってスマホに限らず電車などで読書やゲームしている人も(姿勢的に)同じじゃないでしょうか?w

…まぁ、現代人は読書よりもスマホをいじっている人が圧倒的に多いので「スマホ症候群」ってことなんでしょうね。うん。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント