【画像】コンビニに突っ込む高齢ドライバー急増!プリウスなど一部車種のシフトレバーに問題か?

増え続ける高齢ドライバーによる車の誤操作事故。

コンビニに突っ込む車

先日も長野で80歳男性が運転する車がコンビニに突っ込みニュースになっていました。このような事故の原因されるアクセルとブレーキ、あるいはバックとドライブを誤認する理由の一つとして、プリウスなど一部車種のシフトレバーに問題があるのでは?と指摘されています。

マニュアル車と逆の配置のシフトレバー

アクセルとブレーキの踏み間違えに関連して、バックとドライブを間違えるというミスも多発しているとのこと。

高齢ドライバーがよくやってしまうアクセルとブレーキの踏み間違えに関連して、バックとドライブを間違えるというミスも多発していることはご存知だろうか。そして、なぜかそのミスはトヨタのプリウスで特に多いという。

その理由をTwitterユーザーの「あるぱか(@arupaka1go)」さんが指摘して、ネット上で大反響を呼んでいる。あるぱかさんによると、プリウスのシフトレバーの配置に問題があるそうだ。

LINK:プリウス乗りの高齢ドライバーが前進と後退を間違える理由がついに判明

こちらはプリウスのシフトレバー。

プリウスのシフトレバー
IMAGE:netgeek

右上がR(バック)、右下にD(ドライブ)という配置です。

そして、こちらがマニュアル車のシフトレバー。

マニュアル車のシフトレバー
IMAGE:netgeek

5つのギアと右下にR(バック)あり、プリウスとは逆の配置になっています。

このような配置のレバーは、他にもトヨタのSAI、ホンダのフィット(ハイブリッド)、三菱アウトランダー(PHEV)、マツダアクセラ(ハイブリッド)、日産リーフなどにも採用されているそうです。

構造上の問題と車種の問題

構造上、2つの問題が考えられます。

1つは、マニュアル車のシフトレバーと逆の配置になっている点。今はマニュアル車などほとんど見かけませんが、年配の方たちは思いっきりマニュアル世代です。無意識にRとDを混同してしまう可能性は考えられます。

もう1つは、前にシフトしたら前進、後ろにシフトしたら後退と(高齢者は)勘違いしそうな点。一般的なオートマの直線式シフトレバーは[P→R→N→D]という順なので、上にRがあるのは理解はできるのですが、どうも不親切な設計に感じます。

さらにプリウスなど年配者をメインターゲットとしている車種は、特にシフトレバーの問題が顕在化しやすいとも考えられます。

高齢者専用の車とか…

この件についてはメーカーできちんと調査・検証の上、対策を考えてもらいたいところ。ただ、単純にRとDの位置を変えるだけでは、現在の配置に慣れているドライバーのミスや不満につながるので、難しい部分もあるでしょう。

私が思いついたのは、携帯の「らくらくホン」のような高齢者専用の車やオプション装備。動作に応じて音声案内を流す仕様で、バックの際は「バックしますが、いいですか?」と音声案内を流し、さらに「確認」ボタンを押して初めてバックできる。このように一呼吸おいて運転すれば、パニックも減り事故は減少するでしょう。

恥ずかしくて買えない、プライドが邪魔する方もいると思うので、政府から補助金を出して安価で購入できるようにする。安いという名目があれば購入のハードルも低くなると思います。政府にとっても事故の防止とイメージアップにつながるので、無駄なバラマキよりよっぽど有意義ではないでしょうか。

これから一層深刻になる高齢化社会、意外とこういう車が売れるかもしれません。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント