静電気体質の人は必見!乾燥した季節に起きるビリビリを除去する裏ワザ

乾燥したこの季節は静電気がつきもの。
ドアを触ったり鍵を持つだけでバチバチ大変ですよね。

送電線と青い空

かくいう私も“超”がつくほどの静電気体質で、冬はもちろん暖かくなってもちょいちょいドアノブでバチバチしています。

今回は、そんなキルア並みの雷属性である私が数年かけて編み出した金属を触る時に起きる静電気を最小限に抑える超ライフハックを教えます!静電気にお困りの方は必見!

静電気で痛い思いをしない方法は…コレだぁぁ!

静電気が起きて特に痛いのは、神経の集まっている指先などでバチッとなってしまうことです。私はここで「発想を逆転」させました(←これが言いたかっただけ)。

「静電気を起こさないことは不可能…ならば点ではなく面でダメージを与えれば、痛みは最小限になるんじゃないか!?」

MMR マガジンミステリー調査班「な、なんだってー!」

最も静電気が起きやすいシチュエーション、ドアを開ける場合で説明しましょう。

ドアを開ける時、静電気が怖くて恐る恐る開けようものなら最悪の結果が待っています。バチッと指先にこようものなら「痛っ」と間の抜けた声を出してしまうこと必至です。

そこでドアノブを指で触る前に手の甲(指の付け根のあたり)でドアノブを軽く叩いてから開けてみるのです。勢いよく「ばちこーーーーん!」と。

文字だとわかりにくいと思いましたので、画像にしてみました。

静電気を除去するスゴイ裏ワザ

するとどうでしょう。手の甲にドアノブが当たった時の衝撃とバチバチが合わさり、静電気の痛みをほとんど感じないではありませんか。また静電気はいつバチッとくるかわからない恐怖が痛みを倍増させていますが、この技を使えば自分のタイミングで調整できるため精神的にとても楽。

ちなみになぜ手の平ではなく甲で叩くかというと、手の平の方が皮膚が柔らかいせいか、痛みを強く感じるためです(個人的な感想です)。

私はこの裏ワザを導入して以来、会社の部屋のドアを開ける時の恐怖がかなり軽減されました。

注意事項としては、あまり強くドアに手を当てると静電気以上のダメージが返ってくるパターンがあるということ。また、人の多いとこで「ばちこーん!」すると当てると周りの人に「?」と見られてしまうことです。

静電気でお困りの方は、是非この裏ワザを試してみてください。きっとあなたの静電気ライフが変わるはずです!

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント