賢くお金を貯める5つの方法!生活の節約術と貯金のコツ

最近は「不況だ」「デフレだ」「消費税アップだ」…とお金に関するいいニュースをあまり耳にしませんね。

財布の中身を確認する男性

今回はそんな世知辛い世の中を生き抜くため、私が実践している「生活の節約術と貯金の方法」を5つ紹介します。

1. 無駄な物は買わない

当たり前の話ですが、まずはこれが基本です。

世の中には欲しくなる物で溢れていますが、お店などで衝動的に何かが欲しくなった場合は一旦立ち止まって、その物が本当に生活に必要かシミュレーションしてみましょう。

例えば洋服を買う時は、自分の持っている洋服を思い出して「上手く着まわせるアイテムか」「他の手持ちアイテムとかぶっていないか」「長く使っていけるか」考えてみることが大切です。

『日刊SPA!』の記事で「貯められない人が持っていがちなアイテム」という特集があったのでご紹介します。

  • クイジナート
  • バーミックス
  • エスプレッソマシン
  • ルクルーゼの鍋
  • タジン鍋
  • ヘルシアなどの高いオーブンレンジ
  • アップルのシリーズをフルラインナップ持っている
  • 配達されるウォーターサーバー
  • マクラーレンのベビーカー
  • 外国製のかわいくて環境にいい洗剤
  • アロマディフューザー
  • タブトラッグス
  • ランニングシューズ
  • オーガニックコットンの肌着やタオル
  • エルメス、シャネル、ルイヴィトンなどではないが、ケイトスペード、クロエ、ゴヤール、トリーバーチクラスのブランドもの

LINK:お金が貯まらない人に共通する【30の消費行動】

この記事を一言でまとめると「流行り物を買ってしまう人はお金が貯められない」という内容になると思います。

2. 最新=ベストバイではない

電化製品など新製品が発売されるとついつい新しいものに目がいってしまいますが、その製品を購入することがコストパフォーマンス的に最善か考えてみてください。通常、最新機種は割引率も低く高めの価格設定になっています。

特にパソコンや携帯電話など、最新機種が怒涛のごとく出る製品はすぐに旧モデルになってしまうので注意が必要。型落ちのモデルでもスペックや中身を考えたら必要充分な物は山ほどあります。

自分の欲しい機能や内容をしっかりと考えておきましょう。

3. 長く使える物はケチらない

安いものばっかり買っていると、安物買いの銭失いになることもあります。

必要なものかどうかを考えて、自分の生活に必要な物であったり長く使える物であれば、金額は高くてもいい物を買う方が賢い場合もあります。

例えば、今は100円ショップなどでキッチン用品などを安価で購入することもできますが、中には使って数回で壊れて使えなくなる商品もあります。高い物には高いなりの、安い物には安いなりの理由があります。

購入した商品が使い捨てレベルの物なのか、長く使いたい物なのかを考えるようにしましょう。また、いい物を購入した場合は、買った後の手入れ・メンテナンスは怠らないようにすることも大切。

4. クレジットカードを上手に利用する

クレジットカードを使う際、利息のつく「分割払い・リボ払い」を利用するのは絶対にNG。

一括で購入できない買い物は、基本的にするべきではありません。

車や家の購入など大きい買い物は仕方ないかと思いますが、その際も頭金をできるだけ用意しておくことが大切です。

一度リボ払いなどを使ってしまうと、スパイラル的に支払いを先延ばしすることになります。クレジットカードは一括(利息がつかない場合は二回)のみ利用し、ポイントやキャッシュバックをためるのが賢い使い方です。

5. 金額の絶対値と相対値を意識する

金銭感覚を養うには絶対的な金額はもちろん、相対的に考えることも大切です。

例えば、100円の黒いペンを購入する際、お店の人に「もう50円出すと紫色のペンが付きますよ」と言われたらどうしますか?「たった50円なら付けようかな」…と思ったらNG。元々紫色のペンが欲しかったのであれば別ですが、そうでなければ断る方が賢明です。

たった50円ですが今回買ったペンは100円、購入金額の50%の割合になります。なんとなく付け足した紫色のペンをほとんど使わなかった場合、黒いペンを実質150円で購入したことになります。

大切なのは実際の金額うんぬんではなく、その時の金額を相対的に判断する思考です。こういう考え方を癖づけておくと、無駄な出費が減り少しずつお金が貯まっていきます。

絶対的な金額はもちろん、オプションやサービスを足す場合はその相対値、そしてコストに見合ったパフォーマンスが期待できるのか、バランスを考えて判断するようにしましょう。

最後に一番大切なこと

貯めたお金は「自分の趣味」や「好きなこと」「本当に欲しかったもの」に使うことが一番大切だと思います。それが本当の意味で賢いお金の貯め方であり使い方です。

貯蓄自体が目標にならないように気を付けましょう!

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント