実はこんな仕組みだった!知っていると便利なクレジットカード 10の真実

お前らが知っておくべきクレジットカードの10の事実より、クレジットカードの便利な使い方を紹介。

クレジットカードで支払いする手

ソースは2ちゃんねるですが、かなり信頼できる内容だったので生活のライフハックとして覚えておくと、いざという時に捗ると思います。

1. クレジットカードを使うと現金決済よりも得をする

クレジットカードの一番の特徴は、お金を後から支払えることにある。

物は先に受け取れて、お金は後からで良いって言うわけだ。しかも二回払いまでは金利もかからない。これは会計学的に考えると、かなり大きなメリットになる。

お金は銀行に預ければ利子を生む。
持っているだけで価値があるものと言える。

その現金をしばらくは手元において、ものは受け取る事ができるのは現金決済よりも金利分得をしていると言える。「買えるお金が貯まった後に現金で買う」より「買えるお金が貯まった後にカードで買う」方が圧倒的にお得ってわけだ。

「圧倒的にお得」というのは言い過ぎですが、金利分得をしているというのは間違いありません。

2. クレジットカードは現金よりも出費の管理がしやすい

クレジットカードは、現金の出金を伴わずに物を買える。そういう意味では、買い物の実感を伴わないという理由もわかる。ただ、今のクレジットカードは昔と大きく違う点がある。

それは、オーソリゼーションが関係してる。

昔はオーソリゼーションを電話とか伝票のFAXでやることもあったが、近年は暗証番号を入力して通信する形式に変わっている。ちなみにオーソリゼーションは、このカード情報の照合のこと。

最近は照合と同時に利用情報の転送も行われる。これにより、利用日から利用店名、金額をカード会社がリアルタイムに把握できるようになった。そしてその情報は、多くのカード会社が提供している「Web明細サービス」に反映される。

ちなみに、反映される順番は利用限度額残高→Web明細の順だ。単純に翌月の支払いが即座に見たいなら、利用限度額から利用限度額残高を引けば、Web明細未反映分も加味される。

これは人によりますね。きちんと明細を照合できる人であれば確かに管理しやすいですが、そうでない人にとってはカードは出費が増える要因になりえます。逆に考えると、カードを使う人は明細を定期的に管理しなければならないということですね。

3. クレジットカードの手数料はカード加盟店が負担している

クレジットカード会社は損しかしていないように見えるが、もちろんそんなことはない。実は、クレジットカード決済を使った場合、加盟店が実際に受け取ることができるお金は、購入金額から手数料(数%~十数%)を差し引いた手取りなのだ。

お前らが本来負担するべき「後払いのデメリット」を加盟店が負担してる事になる。飲食店の会計で「カードは一万円から」とか書いてたりするのは、余りにも会計がやすい奴に使われると利益部分がぶっ飛びかねないからだ。

ちなみに、この手数料は
「一回払い<二回払い<=複数回払い<=ボーナス払い」
こんな感じになってる。

一回払いしかできない加盟店が多いのはこの手数料が原因だ。余談だが、ボーナス一括払いには利用者の金利負担はない。一番オススメするのはボーナス一括払いだ。

当然、手数料を支払っている加盟店にもメリットはあります。例えば「カードを利用すると現金で買うより金額が大きくなりやすい」「手元に現金がなくても商品を購入してもらえる」「ネットショップの場合、土日や深夜でも入金確認できる」など。

4. クレジットカード決済手数料を取られたら規約違反

クレジットカードを使い倒す人間からすると、クレジットカードが使えないお店というのはそれだけで敬遠する理由になる。当然、お店も出来るだけクレジットカードを利用できるようにしている。

ただ、クレジットカードの利用手数料には幅がある。この幅は、加盟店の規模や信用度によって決まる事になる。規模が大きければ、それだけ利用者も増えるから手数料も下がる。ごく普通な話だ。

しかし、規模の小さい飲食店からしたらたまったもんじゃない。ただでさえ利幅が少ないのに、手数料ももっていかれたら商売上がったりだ。そこで、中には「クレジットカードを使った奴から余分に取ればいい!」と会計に手数料を足す店が出てきた。

これは、加盟店になる為に結ぶ契約に違反する行為だ。加盟店になるときに、カード利用者と現金決済者に格差をつけてはいけない!と契約させられるのだ。レシートをとっておいてカード会社に通報すれば、手数料が返ってくる可能性すらある。覚えておいて損はない。

頭の片隅に入れておくと、もしもの時に役立つかもしれません。

5. クレジットカードを利用して購入した物の所有権は、決済されるまではカード会社にある

クレジットカードでは、購入した品は支払いが決済されるまでは所有権が留保されるのが一般的。この点が普通の借金とは大きな違いになる。

一般的な借金=その人の確かな属性(年収、地位)を担保に金を貸す=審査に時間がかかる。クレジットカードの借金=購入する品自体+カードを作るときに測られる信用度の両方が担保=即座に借り入れが可能。

クレジットカードの限度額がローンの審査に影響があると言う奴は、この点を考えてない。商品という確かな担保があるから、一般的な借り入れよりも見られることは遙かに少ないといえる。あ、キャッシングは別な。

私も初めて知りましたが、論理的に考えれば確かに納得です。

6. クレジットカードは買い物するためだけの物ではない

意外と知らない奴が多いけど、クレジットカードには旅行保険がついてる。例えば海外旅行したときに、現地で体調を崩したとしよう。当然保険なんかはきかないから、諦めるしかない。

と、あきらめるのはまだ早い。
クレジットカードを持っていれば、何とかなる可能性がある。

まずは、クレジットカードのデスクに電話してみよう。カードによって利用条件が違ったりする。中には現地で決済した履歴がないと保険がきかないパターンもあるから、事前に調べておく方が無難。

あとは簡単、デスクに指示された医者にかかるだけ。支払いはカードでできる。その代金は保険から払ってくれるから、自己負担はなしっていう寸法だ。

他にも空港から自宅までの荷物郵送が無料だったり、イオンのモールにあるゴールドラウンジでジュースやらおやつやらが食べ放題だったり、カードによって特典は色々。年会費無料!につられて作るより、特典もよくみながら作るカードを決めよう。

デスクの連絡先はクレジットカードの裏に書いてあります。

7. 年収が高ければ簡単にクレジットカードを作れるとは限らない

よくある勘違いだが、年収が高ければどんなカードでも作れると思ったらそれは間違いだ。会社の役員クラスの人がクレジットカードを作ろうとして断られることもあったりする。その理由は、いわゆる「クレジットヒストリー」にある。

このクレジットヒストリーは、その人のクレジットカードの利用状況が書かれたものだ。いろいろなクレジットカードを作ったとしても、その履歴はこのクレヒスに集約されることになる。ここには月毎の決済金額や支払い状況が生々しく記録されている。

クレジットカードを作るときに入力する情報は、言ってしまえば自己申告に過ぎない。その情報に「高額なクレジットの利用歴」と「遅延のない支払い」が加わって、初めて信用してもらえるというわけだ。

最初に書いた役員クラスの人が落とされた理由は、クレジットカードを作った事が無くてクレヒスが無かったことにある。役員クラスであるという情報に裏付けがなかった訳だな。

「クレジットヒストリー」は、契約を開始した年月や、直近の請求額、過去24ヶ月分の入金状況(延滞が無い限りは任意登録)などが記載されています。このクレヒスの内容が悪いとカードが作れないなど、様々な不利益があるようです。

8. 限度額がない=何でも買える訳ではない

憧れのブラックカード。
決まり文句は「カードの利用限度額はなし」。

これを聞くと「戦闘機でも買えるのか…」という勘違いをする人もいる。これは大きな間違いだ。利用限度額がないというのは、あくまで具体的に設定はされない、というだけ。

例えば俺が今、ブラックカードを作って戦闘機を買おうとしたとしよう。速攻で断られる事になる。それは、「具体的には設定されていない」限度額にひっかかるからだ。

もちろん、他の色のカードよりは遥かに限度額は高くなる。ただ無限にあるというわけではなくて、その人の属性によって幅広く設定されることになる。属性によっては、戦闘機を買える人もいるかもしれないという意味では冒頭の言葉は間違っていないわけだ。

本当に無制限にしてしまうと、クレジット会社の資金が枯渇してしまう恐れもありますし、何よりリスクがあまりにも大きすぎますよね。

9. ネットで買い物をするならクレジットカード一択

「ネットショップでクレジットカードを使うのは怖い…」
「クレジットカードの情報が流出したら…」

こういう理由でクレジットカードを使いたがらない人は意外と多い。しかしこれは大きな間違いだ。たとえば、詐欺に引っかかった時のパターンはどうだろう。

銀行振込をしていた場合、相手がお金を引き出していたら、まず戻ってはこない。それに対してクレジットカードの場合は、カード会社が代金を保障してくれる場合が多い(ケースによるから、これは問い合わせないとわからない)。それどころか、ショッピングプロテクションといってカードで購入した商品の盗難や故障を保障してくれる制度まであるカードも存在している。

では、カード情報が流出したらどうするか?

電話して、再発行してもらえば済む話だ。口座情報が流出して作り直すよりも遙かに簡単だ。Web明細に目を通して、不審な引き落としがあれば調査を依頼する。この当たり前の事さえすれば、クレジットカードは銀行振込よりも遙かに安全と言えるだろう。

ネットでカードを使うのが怖いという心理は理解できます。心配でなかなか使えないという方は、限度額を低く設定してみると少し気楽に利用できるようになるかもしれません。

10. クレジットカードの年会費を払わない人がいる

はじめに断っておくと、俺はしっかりと払っている。ただ、こういう事をやる奴もいる、というお話だ。

この話が使えるカードには2つ条件がある。
一つ目は、それなりの金額をそのカードで決済していること。
二つ目は、そのカードが「初年度年会費無料キャンペーン」をやっている事だ。

やり方は簡単。入会後、一年がたつ少し前にカードデスクに電話して、退会を申し出るだけだ。退会の理由はもちろん「年会費がちょっと高くて…」するとあら不思議。カード会社は利用額の多い優良顧客を手放さないために、もう一年年会費を無料にしてくれるのだ。

あとはこれを繰り返せば、無料のゴールドカードの出来上がりだ。

これはあくまで知識として。実際に試すことはおすすめしません

以上「知っていると役立つクレジットカード 10の真実」いかがだったでしょうか。この内容をみんな知ってしまったら、カード会社や加盟店は商売あがったりですね。

関連記事:賢くお金を貯める5つの方法!生活の節約術と貯金のコツ

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント