WordPressでよく使うテンプレートタグ

【初心者用】WordPressでよく使う基本的なテンプレートタグ一覧

WordPressでよく利用する基本的なテンプレートタグをまとめました。

WordPress(ワードプレス)

タグを完璧に覚える必要はありませんが、タグの存在と役割を覚えておくと便利だと思います。

ブログの基本情報を出力するタグ

ブログの情報や記事の本文を出力するテンプレートタグです。

■ブログのURLを出力するタグ

リンクを指定する時などに使います。以前は<?php bloginfo(‘url’); ?>という記述でしたが、WordPress 3.0以降は下記の記述が推奨されているようです。

<?php echo esc_url ( home_url() ); ?>

■テーマファイルのURLを出力するタグ

画像を指定する時などに使います。こちらも<?php bloginfo(‘template_url’); ?>という記述から変更されました。

<?php echo esc_url ( get_template_directory_uri() ); ?>

■ブログタイトルを出力するタグ

<?php bloginfo('name'); ?>

■ブログの説明文を出力するタグ

<?php bloginfo('description'); ?>

■スタイルシートのパスを出力するタグ

こちらも<?php bloginfo(‘stylesheet_url’); ?>から変更。

<?php echo esc_url ( get_stylesheet_directory_uri() ); ?>

ブログ記事や情報などを出力するタグ

基本的にループ内のみで利用できるテンプレートタグです。

■記事のタイトルを出力するタグ

<?php the_title(); ?>

■記事の本文を出力するタグ

<?php the_content(); ?>

■記事のカテゴリーを出力するタグ

<?php the_category(); ?>

■記事の投稿日時を出力するタグ

<the_date>は同じ日に複数投稿があった場合、最初の記事だけを表示します。

<?php the_date(); ?>
<?php the_time(); ?>

参考サイト:テンプレートタグ – WordPress Codex 日本語版

関連する記事

2 件のコメント

コメント