【Adobe Acrobat】PDFファイルを簡単にトリミング(切り取り)する方法

PDFファイルをトリミングする場合、PhotoshopやIllustratorでも可能ですが、フォントやテキスト情報が維持できない場合があります。

Adobe Acrobat(アドビ アクロバット)

一枚の画像として切り取る場合はそれで問題ありませんが、PDFの情報を残しておきたい場合はAdobe Acrobatを使うと便利です。

今回はAdobe AcrobatでPDFをトリミングする方法を紹介します。

PDFファイルをトリミングする方法

  1. PDFをAdobe Acrobatで開く
  2. メニューバー[文書]→[ページのトリミング](Shift+Ctrl+T)
  3. 「余白の制御」でトリミングする範囲を指定→[OK]
  4. メニューバー[文書]→[文書の検査]で非表示情報を削除
    ※削除する情報にチェックする
  5. メニューバー[ファイル]→[名前を付けて保存](Shift+Ctrl+S)

これでPDFを綺麗に切り取ることができます。

LINK:Acrobat Help / 非表示情報を削除する方法

追記:2015/07/02

先日上記の手順で試したところ、私の環境では非表示情報が上手く削除されませんでした。OSやソフトのバージョンが変わったためかもしれません。

その場合は、トリミング後に[ファイル]→[印刷]からプリンタの名前を「Adobe PDF」として保存すると、非表示情報が削除されるはずなのでお試しください。

こんな記事も読まれてます

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

3 件のコメント

  • 返信 pirori |

    トリミング情報の削除で困っていた(なぜか検索しても非表示情報として表示されず、トリミングの数値が残ったままに)のですが、「追記:2015/07/02」の記述で非常に助かりました!
    貴重な情報ありがとうございます。

  • 返信 meririn |

    私も「追記:2015/07/02」で非常に助かっております。ありがとうございます。ところが1つだけ問題が・・・ページ数が多いものが全ページ一度に保存できないです。途中のページで勝手に終わってしまうんです。なぜかご存知でしょうか?設定の中身を見ていますが原因が分からず困っています。

    • 返信 Turkey |

      >meririnさん

      う~ん、ちょっとわからないですね(汗)
      ページ数や容量が大きすぎて処理が止まってしまっているのであれば、元ファイルを分けてからPDF化し、結合しなおせばとりあえずできそうですが…

コメント