【Excel】今更聞けない拡張子!csvファイルとxlsファイルの違いって何?

会社で事務作業をしていると「csvファイルでダウンロード」とか「エクセルで保存」といった会話を耳にすると思います。

熱意のこもったプレゼンをデリートされうなだれるビジネスマン

「csv」と「xls」…アイコンも似ているし、どちらもMicrosoft Excelで開けます。しかし、両者は似ているようで、根本的な作りが違うことをご存知でしょうか。

今回は、知っているとちょっと役立つ「csvファイル」と「xlsファイル」の違いについて。

csvファイルとは

csvファイル

csvファイルは簡単に言うと、ただのテキストファイルです。エクセルで開くことが多いと思いますが、実はメモ帳などでも開くことができます。

簡単な形式で構成されているため、ファイルの汎用性や互換性が高い形式となります。ただし、色や装飾をしたり関数を入力することはできません。

xlsファイルとは

xlsファイル

それに対して、xls(xlsx)ファイルは装飾等できますが、基本的にMicrosoft Excelでしか正しく開けないというのが大きな特徴。

関数などもxlsファイルでないと入力できません。

csvファイルの必要性

「じゃあ、xlsファイルの方が便利だから、csvファイルはいらないじゃん」と思うかもしれませんが、実際はそんなこともありません。

例えば、データベースに入っているデータを取り込む場合、データベースは直接Excelで見れないので、csvファイルを使って取り込むのが一般的です。また、全てのパソコンにOfficeが入っているわけではないので、相手によってはcsvファイルでのやり取りが便利な場合もあります。

意外と知らないcsvファイルとxlsファイルの違い。周りの人に教えてあげると、ちょっと「へぇ~!」となるかもしれません。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント