【SEO】イラストは不可!著者情報をGoogleの検索結果に表示する方法

検索結果内の著者情報とは、Googleの検索結果に出てくる写真と作者の情報のことです。オーガニック検索のSEOに効果があると話題になったので、当ブログでもタグを埋め込んでみました。

検索結果内の著者情報

「これでWeberNoteもブログっぽくなるぞー」…と思って数週間、まぁ一向に出てきません(泣)で、調べてみたところ、Google+のプロフィール写真にイラストを使っていると、著者情報は出てこないという話。

LINK:Google+の著者情報は顔写真や顔のイラストじゃないと表示されない!?

登録していたGoogle+の写真

Google+のプロフィール写真はこれを使っていました。

WeberNote管理人

もろイラストです(汗)

著者情報は出したかったのですが、Webにリアルな写真を載せることにどうにも抵抗がありましたので、しばらく放置してました。

「仕様変更あるかなーイラストでも出るようになるかなー」と願いながら数ヶ月…全く変化なし。イラストで著者情報を出す裏技もあるようでしたが、かなりグレーな手法でしたので怖くて出来ませんでした。

そんな折、たまたまダウンロードした「XnSketch」というiPhoneアプリで写真を加工したところ、イラストと写真の中間くらいの画像ができたので、これで試してみることにしました。

XnSketch 1.00(¥85)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: pierre gougelet – pierre gougelet

Google+の写真を変更してみた

早速、Google+のプロフィール写真を変更してみたところ…

WeberNote Google検索

翌日には夢にまで見た著者情報が!!

写真をアップした際「この写真であなただとわかってもらえますか?顔を認識できません」と出てきたため、半ば諦めていたのですが表示されてよかったです。イラストっぽいとは言え、まだなんとなく抵抗ありますが、しばらくこれでアクセス数など調べてみようと思います。

ちなみに著者情報の実装方法は色々ありますが、サイトからGoogle+アカウントへリンクを貼るか、head内に<link rel=”author” href=”Google+のURL” />を張るのが一番簡単だと思います。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

2 件のコメント

  • 返信 タロウ |

    写真で認証通して、通ったらイラストに戻すってのはありなんですかね?イラストに戻したら著者情報表示してくれなくなる気がします。

    • 返信 Turkey |

      >タロウさん

      イラストに戻しても著者情報を表示してくれるという記事を読んだことがありますが、あくまですぐに反映されないだけで再クロールされたら戻される可能性は大いにあると思います。

コメント