マイクロソフト「Windows 7・8ユーザーは無料で10へのアップグレード可能にする」と発表

マイクロソフトが開催中の「Windows 10 メディアブリーフィング」で「Windows 7、Windows 8.1、Windows Phone 8.1のユーザーは、Windows 10のリリースから1年間に限り、無料でアップグレードできるようにする」と明らかにしました。

マイクロソフト「Windows 7/8ユーザーは10に無料アップグレードできるようにする」と発表

昨年、Windows 8.1を購入した管理人歓喜!!

Windows 10のシェアを確保するための対応か?

マイクロソフトはWindows 10をハブとして、様々なサービスを展開することが狙いのようです。

MicrosoftのTerry Myersonは「Windows 10はユーザーがインストールすれば終わりとなる単なるOSではなくサービスだ」と強調した。一言でいえば、MicrosoftはWindows 10を同社が提供するさまざまなサービスのハブとなるサービスと位置づけている。

無料アップグレードにより、Microsoftは現在のWindows環境のフラグメント化を相当に軽減できるだろう。Windows 10がリリースされればWindows 7は2世代も古いOSになるが、それでもWindowsの中で依然としてシェアが最大だ。MicrosoftはWindows 7のユーザーをなんとしてもWindows 10に移行させたいわけだ。

LINK:Microsoft、Windows 7、8からWindows 10へのアップグレードは無料と発表

現行のWindows 8は、決して成功しているOSとは言えません。スマートフォン市場はご存じのとおり、AndroidとiOSの2強。この「肉を切らせて骨を断つ」とも言える決断がどうでるか注目です。

Windows 10は、2015年後半の発売を予定しています。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント