ホームページやブログのアフィリエイト収入の平均は?月3万稼ぐ人は2%程度

ブロガーとしてはなかなか興味深い記事。

萬券を見せつける闇金風の男性

今回はアフィリエイトサイトの収入調査のニュースを紹介します。

アフィリエイト収入ってどのくらい?

日本アフィリエイト協議会は2日、「アフィリエイト市場調査2013」の結果を公表した。調査は5月に実施し、ホームページやブログを保有している1765人からの回答を集めたもの。このうち、アフィリエイト広告を掲載している「アフィリエイトサイト運営者(アフィリエイター)」は500人で全体の28.3%だった。

アフィリエイト歴は「5年以上~10年未満」が20.2%と最も多く、次いで「1年以上~2年未満」と「2年以上~3年未満」が14.6%で同率。運営しているアフィリエイトサイトの数は、平均3.08サイトだった。アフィリエイト収入の面では、「月3万円以上」が全体の2.4%にとどまり、約8割は「1000円未満」だった。

アフィリエイトとは、Webサイトなどに企業サイトへのリンクを張り、ユーザーがリンク先サイトで会員登録したり商品を購入すると、サイトの運営者に報酬が支払われる広告の仕組みです。Google AdSenseAmazon アソシエイトが有名ですね。

約8割が「1000円未満」というのは、なかなかリアルな数字ですね。

実際、ブログでアフィリエイトって儲かるの?

少し前に会社の同僚が「ホームページとかブログを作って副収入でも稼ごうかなー」と言っていました。私が「更新しないと結構大変みたいですよ」とアドバイスしたところ「更新しなくても大丈夫なサイトを作ればいいんじゃない?」と言っていました(ちなみに私がブログをやっていることは知りません)。

わかります。私もそう考えている時期がありました。

流行りモノのページではなく、半永久的に検索されるような内容(例えば、保険の比較サイトなど)でページを作れば、ある程度放置しといても広告収入が得られるって思いますよね。

アフィリエイトで収入を得ようと思っている方のほとんどは楽して収入を得たい人なので、そう考えるのはごく自然な流れだと思います。実際にそういうサイトを作って収入を得ている人もいます。

が、経験も実績も0からのスタートでそれを実現できる人は、1%もいないと思います。

Webには自分よりもはるかに経験のある先駆者達が、無限とも思える数のサイトを公開しています。その中で放置している自分のサイトが検索順位の上位に表示され、アクセス数を増やし、まとまった広告収入を得るなんて…結構なアメリカンドリームですよね。

先の方は「月10万くらい稼げたらいいけど…」とも言っていました。私は「そうですね」と答えておきました。

なお、月3万円以上の収入があるアフィリエイターの属性を分析したところ、「1年以上のアフィリエイト経験があり、平均6.3サイト(ブログ含む)を運営、毎日約3.1時間をアフィリエイト活動に費やし、レンタルサーバーや独自ドメイン、商品購入などに毎月5000円前後の経費をかけている」という平均像が浮かび上がったとしている。

それなりに収入があるブロガーは経験はもちろん、初期投資もしてそれなりの労力を費やしています。

収入目当てでブログやサイトを作ってもいつか行き詰まると思います。私も収入を追いかける時期がありましたが、今では役に立ったとコメントをくれたりFacebookページに「いいね!」を付けてくれる人がいることに大きな喜びを感じています。

これからブログを始める人に「そんな心構えではじめましょう!」と言っても、実際に経験しないとなかなかわからないと思います。スタートは広告収入目当てでもいいと思います。ただ、安定して収入を得るためには「目先にこだわらないコンテンツ・ブログを作ることが一番」ということに気づいてからが本当の勝負です。その頃には広告収入は目的ではなく結果になっていることでしょう。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント