【花粉症対策】たったこれだけで!?マスクをしてもメガネが曇らない超簡単な裏ワザ

花粉症の方にはツライ季節がやってきましたね。私もなかなかレベルの高い花粉症持ちなので、この季節はマスクが手放せません。

花粉症でくしゃみが止まらないマスクをした女性

しかし、マスクをして非常に困るのがメガネの曇りです。特に雨の日はメガネが一瞬で曇ってしまうので本当に大変だと思います。

今回はそんな「メガネ+マスク=曇り」で困っている方必見!ネットで話題になっている超簡単な方法でメガネの曇りを軽減できる方法を紹介したいと思います。

マスクをするとメガネが曇る理由

そもそもなぜマスクをするとメガネが曇るのか。

その主な原因は水蒸気と気温差にあります。空気中には水蒸気が含まれていますが、その量は温度と湿度が高いほど水蒸気を多く含んでいます。

窓に息を吹きかけると窓の表面が曇ります。これは息に含まれる水蒸気が、気温差のある窓の表面で冷やされて水に戻るため起こります。これと同じ現象が、マスクをした時の息とメガネにも発生しているのです。

マスクで覆われている口や鼻周辺は、暖かく高湿度に保たれた息がたまっています。一方、冬のメガネは普段よりも冷えています。その状態で呼吸をすると、たまっていた暖かい空気が鼻の上にできたマスクの隙間からメガネへと流れるのです。

その結果、水蒸気が小さな水の粒となりメガネが曇るのです。

マスクをしてもメガネが曇らない方法

特に用意するものはありませんが、マスクはワイヤー入りで大きめのサイズが適しています。

方法はとても簡単。マスクの上の部分を外側に一度折って装着するだけです。

マスクをしてもメガネが曇らない方法

「え?本当にそれだけで?」と疑う方もいるかもしれませんが、先日私も試してみたところ本当に普段より曇りにくくなりました。

動画もありますので、詳しくはこちらも参考にしてみてください。

ただ、この方法はあくまで「曇りを軽減する」方法のため、完全に曇らないようにするのは難しいです。さらにメガネが曇らないようにするには、市販の曇り止めクリーナーを併用するといいと思います。メガネのくもり止めは、効果の高いジェルタイプと手軽に使えるクロスタイプが主流です。

今回紹介した方法は誰でもすぐに実践できるので、メガネの曇りに悩んでいる方は騙されたと思ってぜひ一度試してみてください。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント