0歳~1歳の赤ちゃんが喜ぶおもちゃはコレ!子育て奮闘中のパパがおすすめする知育玩具 5選

あまりプライベートなことをブログでは書かないようにしているのですが、実は現在子育て奮闘中のパパだったりします。色々と大変なことも多いですが、それ以上に子供に癒される毎日です。

スマートフォンを口に入れてしまう赤ちゃん

子育てってわからないことだらけですが、特に「赤ちゃんのおもちゃ」って何を買えばいいのか全然わからないですよね。とりあえず買ってみたものの、赤ちゃんが全然興味を示さないのでほとんど使わずお蔵入り…なんてこともあると思います。おもちゃも結構いい値段するので、できれば失敗したくないですよね。

そこで、今回は私が実際に子供に買ったおもちゃの中で、特に喜んで使ってくれたおもちゃ(0歳~1歳くらい対象)を5つ紹介します。おもちゃ選びに困っているパパママはぜひ参考にしてみてください。

O’ball(オーボール)

まず最初におすすめしたいおもちゃは「オーボール」。有名なおもちゃなので、持っている人も多いと思います。

実は私は購入する前「こんなのただのボールじゃん…」と舐めていました(笑)

しかし、実際に赤ちゃんに渡してみると、汎用性の高さと考えられた設計に驚きました。「振って音を鳴らす」「転がして遊ぶ」「穴に指を通して形を認識する」「面が少ないので舐めてもあまりベタベタしない」「反発があるので跳ねさせて遊ぶことも」…遊び方は無限大です。

2か月くらいの赤ちゃんから1歳過ぎまで遊べるおもちゃだと思います。おもちゃ選びに迷ったらとりあえず買って間違いなしです。

created by Rinker
¥1,294 (2019/09/22 07:07:46時点 楽天市場調べ-詳細)

はらぺこあおむし ソフトブックミニ

みんな大好き「はらぺこあおむし」のソフトブックです。

握ると赤ちゃんが大好きな「カシャカシャ」といった音がなるので、赤ちゃんの気を引きたい時に重宝します。最後のページには押すと「ブー」と音が鳴る仕掛け付き(私はしばらく気が付きませんでした)。

軽くてコンパクトなのでベビーカーやバッグに付けて簡単に携帯できるのも便利です。ミニではなく大きいサイズのソフトブックもありますが、個人的にはこのサイズの方が使いやすいと思います。

キリンのソフィー

天然ゴムでできた「キリンのソフィー」のおもちゃ。体を押すと「キューキュー」と音が鳴ります。

首や足は細くて持ちやすくできていて、赤ちゃんが舐めやすい形状になっています。材質も天然素材と食糧塗料なので安心です。

それほどメジャーなおもちゃではないと思っていたのですが、「アカチャンホンポ」のハイハイレースに出場した時に持ってきている人が何人もいてビックリしました(笑)それだけ、ソフィーの音に反応する赤ちゃんが多いということなのでしょうか。

うちの子の場合、オムツを変える時に気を引いたりして活躍してくれています。

まわしてクルクルサウンド

友人の家に遊びに行ったら、すごく興味を示したので即購入しました。回す・叩くと音が鳴るというシンプルなおもちゃですが、子供は飽きずに延々と回し続けます(笑)

安価な値段設定(Amazonでおよそ1,500円前後)もおすすめポイントの一つ。

グルグル回すだけでなく持ち上げたり投げたりするようになってきますが、全体の形状が丸みをおびていて角ばっていないので安心です。

created by Rinker
¥1,669 (2019/09/22 07:07:46時点 楽天市場調べ-詳細)

おしゃべりくるくるロケット トイ・ストーリー

「おしゃべりくるくるロケット」は、上からボールを入れると、ロケットの中をくるくる回転しながら転がり落ちていくおもちゃ。さらにキャラクターのおしゃべりと音も収録されています。

個人的にこのおもちゃのすごくイイと思ったところは、ボールを入れる前に軽いストッパーがかかるところ。ストッパーがかかるので、ボールは穴の入り口でいったん止まります。そのため、自分で穴に入れられない赤ちゃんでも、ボールをセットしておけば押すだけで赤ちゃんが自分でボールを入れたような体験をさせることができます。

対象年齢は1歳からとなっていますが、たぶん8ヶ月くらいから遊べると思います。

また、ボールは3個しか入っていませんが、別売りの「なみなみボールセット」を買えばボールを足すこともできます。ボールのデザインがまた可愛いんだわ、これが。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント