【小技】スマホのデータ通信量を節約!YouTubeで「Wi-Fiの時のみHD再生」する方法

今回はスマホのYouTubeアプリで動画を閲覧する時にデータ通信量を抑える設定方法を紹介します。

YouTube

動画は常に高画質で見る必要はありません。画質を下げればデータ通信料の節約になるのはもちろん、電波が悪い場所にいる時も読み込みしやすくなります。YouTubeを見すぎて通信制限に引っかかることがある方は、ぜひ設定を見直してみてください。

YouTubeで「Wi-Fiの時のみHD再生」する方法

iOS(iPhone・iPad)とAndroid、どちらもアプリから設定可能。

iOSでは、YouTubeアプリの右上にある[設定]を選択し、設定の中にある[Wi-Fiの時のみHD再生]をオンにすればOKです。Androidの場合は、[設定]内の[全般]に同項目があります。

YouTube「Wi-Fiの時のみHD再生」

これで4G/LTE回線で接続している時は、低画質で動画が再生されるようになります。

Wi-Fiにつながっていない状態で、画質を選択しようとすると「携帯電話ネットワークでの手動画質選択はサポートされていません」と表示されます。

手動で都度最適な画質を選択してもいいのですが、毎回切り替えるのもちょっと面倒ですよね。外出先や移動中など4G/LTE回線でYouTubeを見ることが多い方は、とりあえず設定しておくと安心だと思います。

関連記事:キャリアのデータ通信量は7GB/月まで!速度制限に引っ掛かった時の対処法

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント