【保存版】スマートフォンのバッテリー寿命を簡単に延ばす3つの方法

スマートフォンで利用されている充電式リチウムイオンバッテリーは、充電回数や使用する環境によって変化する消耗品です。

バッテリーが劣化すると、充電性能が悪くなるだけではなく、頻繁に電源が落ちたりアプリの起動が遅くなったりと、スマホ自体の性能に影響を及ぼす場合もあります。

今回はOPPOの公式サイトを参考にスマートフォンのバッテリー寿命を延ばす3つの方法を紹介します。

関連記事:iPhoneのバッテリーを節約して長持ちさせる7つの設定方法

スマホのバッテリー寿命を延ばす3つの方法

1.メーカー純正の充電器を使う

バッテリーへの負担を減らしたいならメーカー純正の充電器を使うことをおすすめします。

リチウムイオンバッテリーはスマートなバッテリーであり、オリジナル以外の充電器(電源アダプターとUSBケーブルを含む)を使用すると、フル充電されないことがあり、または、最長寿命まで持ちません。

もちろん純正品以外でも充電は可能ですが、電圧がメーカーが規定しているものとは違っている場合もあり、バッテリーに負荷をかけてしまう可能性もあります。

特に急速充電が可能なモデルは、便利な反面、バッテリーへの負担が大きいため注意が必要です。

2.適切な温度で使用する

リチウムイオン電池は温度変化に非常に弱いです。

OPPOスマートフォンのバッテリーは、幅広い周囲温度で良好なパフォーマンスが確保できるように作られています。理想的な温度範囲は16°C~25°C(61°F~77°F)です。充電中に周囲温度が高温の場合、バッテリーの劣化が起きることがあり、45°C以上の周囲温度での充電はバッテリー性能を劣化させます。

一方、低温条件では、バッテリーの内部抵抗が増大して、充電速度が低下するため、充電時間が長くなります。非常に低温の環境でデバイスを使用する場合、バッテリー駆動時間の低下に気付かれるかもしれませんが、この状態は一時的なものです。バッテリーの温度が正常動作温度範囲に戻ると、バッテリー性能も正常に戻ります。

スマホを夏場の車内に放置したり、入浴中の利用などは注意しましょう。

3.バッテリーはフル放電させない

意外と知られていないのが、バッテリーはフル充電しない方がいいということ。リチウムイオン電池は、満充電状態(電池の充電が100%の状態)が続くと劣化するという特性があります。

バッテリー残量が10%まで低下したら、スマートフォンを充電してください。スマートフォンのバッテリーがフル放電されると、バッテリーは深い放電状態に陥ってしまい、軽度の損傷を受ける可能性があります。

バッテリーの劣化を少しでも抑えたい場合は、満充電状態になったらすぐに充電器を取り外すといった対応をするといいでしょう。

就寝前にスマホの充電を行っている方も多いと思いますが、実はこの充電方法は満充電の状態が長く続き、バッテリーに負担をかけてしまう恐れがあるということを頭に入れておきましょう。

LINK:OPPOスマートフォンのバッテリー駆動時間を延ばす方法 | OPPO 日本

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント