iOS(iPhone)とAndroid、どっちがいい?実際に両OSを比較してみてわかった真実

前回の記事でも紹介しましたが、4S時代から長年使っていたiPhoneを卒業してAndroid(OPPO Reno A)に乗り換えました。

iOSとAndroidの両方をさわり、ずっとエアプだった「iPhoneとAndroid、どっちが優れているか」という命題に自分なりの答えが出せるようになりました。

新型iPhoneも登場して、スマートフォンの機種変更を検討している人も多い時期だと思います。今回は私が実際に使い込んでわかった「iPhoneとAndroidのおすすめポイント」を紹介したいと思います。スマホ選びに悩んでいる方は参考にしてみてください。

関連記事:巷で話題のスマートフォン「OPPO Reno A」ファーストレビュー!控えめに言って最高の端末だった

iPhone(iOS)のおすすめポイント

iPhoneとAndroid、両方を使ってみて感じたのはどちらも機能や使い勝手はほとんど差がないということ。Reno Aというミドルスペックのスマホですらそう感じたのですから、ハイエンド機で比較したらAndroidの方が快適というパターンもあると思います。

では、iPhoneがAndroidよりも優れている点はどこでしょうか。

  • OSの安定性
  • シンプルで操作がわかりやすい
  • アクセサリー・周辺機器の充実
  • 情報が沢山ある
  • リセールバリューが高い
  • ゲームの動作が快適
  • サポートの充実

iPhoneの強みは「簡単・安心」ということに尽きます。

ハードとOS、どちらもAppleが開発しているため、動作の安定感は間違いなくiPhoneの方が優れています。OSのサポート期間が長いのも安心ですね。

また、日本では特にユーザーが多いので情報が多いことも地味に大きなメリットです。わからないことは検索すればすぐに解決策が見つかります。Androidの場合、もともとiPhoneよりも情報が少ない上、機種によって操作がまちまちだったり情報を探すだけでも一苦労です。これが「Androidは上級者向け」と言われる要因の一つだと思います。

ユーザーが多いメリットは周辺機器やアクセサリーもまたしかり。ヤマダやヨドバシといった電気屋の周辺機器コーナーは、iPhoneのコーナーが8割くらい占めています。Androidなんて隅っこにひっそり(しかも微妙にわかりにくい場所に)おかれていて悲惨なものです(笑)

そして、iPhoneは良くも悪くもできることが制限されています。それが誰にでも直感的に使える操作性やOSの安定性につながっているのだと思います。

関連記事:‪iPhone 11 Pro、11、XR、8を徹底比較!コスパ最高のベストバイモデルはどれだ?‬

Android(アンドロイド)のおすすめポイント

それではAndroidがiPhoneよりも優位なポイントはどこでしょう。

  • 自由にカスタマイズできる
  • 端末を自由に選べる
  • SDカードが使える
  • Googleとの連携が簡単
  • ドロワーが便利
  • ジェスチャー機能
  • PC感覚でファイル管理ができる

Androidの優位点はとにかく「自由」の一言です。

アプリアイコンの配置やデザインも自由。ウィジェットの配置も自由。ジェスチャーを好き勝手に設定することもできます。iPhoneはそれこそアプリアイコンの配置すら左詰めしかできないというガチガチ仕様です(笑)

自分にあった端末を選べるのも魅力の一つです。iPhoneはシリーズで端末を選ぶしかないので、自分にピッタリ合った端末を選べない傾向があります。私がAndroidにした理由もここにあります。

Androidであれば、例えば「高画質なインカメラがほしい」ならASUS ZenFone 6があります。「とにかく大容量のバッテリーがいい」ならUMIDIGI Powerでいいでしょう。「ゲーミングスマホがほしい」のであればASUS ROG Phone。「とにかく安ければいい」なら低スペックのSIMフリー機を探せばOKです。

created by Rinker
OPPO Japan
¥39,380 (2019/11/22 15:51:24時点 Amazon調べ-詳細)

ただ、自分に欲しい機能が「わからない」人、欲しい機能自体「ない」人、あるいは欲しい機能を「探せない」人もいるでしょう。そういう人にとっては、逆にAndroidはどれを選べばいいのかわからず不便に感じると思います。

また、私がAndroidに変えて便利だと思ったのが「ドロワー」という仕組み。

Androidは画面に置いているアプリの他にアプリの一覧画面(ドロワー)を持っています。で、自分が良く使うアプリだけホーム画面に置いていくのです。パソコンで言うとこのとショートカットをデスクトップに置いていく感じですね。この仕様はアプリの管理もしやすく、画面もスッキリ整理できるので個人的にすごく気に入っています。

で、結局iPhoneとAndroidどっちがいいの?

結局は「どちらが優れているか」ではなく「どちらが自分に向いているか」だと思います。

シンプル簡単にかつ安心してスマホを使いたいならiPhone、自分の好きな端末を好きにいじり回したいならAndroidが向いているでしょう。そう考えると、同じスマホですがOSのコンセプトは結構真逆に近いですね。

それでもなお「どちらがいいか決めて!」と聞かれたら…

私はAndroidをおすすめします

理由はiPhoneの高価格化、コストパフォーマンスの低下です。

先日発売されたiPhone 11は比較的価格が抑えられたと評されています。が、それでも税込みで8万円を超えます。もっとも高価なiPhone 11 Pro Max(512GB)は173,580円。以前はキャリアの乗り換えなどで安く手に入ったiPhoneですが、今はそれもできません。

価格に見合った使い方をiPhoneで実現できるのであればいいと思いますが、実際、皆さんはスマホで何をしますか?インスタ?ゲーム?5ちゃんねる?ブラウジング?

少なくとも今のiPhoneにはAndroidに対して機能的なアドバンテージはほとんどありません。特にこだわりがないのであれば、Androidでそこそこ評判のいいミドルスペック(3~5万円)の端末を選べば普段使いで不満が出ることはほぼないと思います。

ただし、これはあくまで現時点での話です。

iPhoneの次期モデルは大幅な改良が加えられると噂があります。次期モデルで革新的な機能などが搭載されればまた評価も変わってくるでしょう。来年「やっぱりiPhoneに戻りたい」と思うようなモデルが発表されることを期待しています。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント