【iPhone】iOS11で追加された新機能「緊急SOS」の設定方法と使い方

先日、1人で磯釣りをしている最中に倒れ、意識が遠のく中、手にしていたiPhoneの「緊急SOS」機能を使って一命を取り留めたTwitterユーザーの投稿が話題になりました。

iPhone X の緊急SOS画面

緊急SOSはiOS11で追加された新機能。今回はもしもの時に覚えておくと役に立つ、緊急SOSの設定方法や使い方について解説します。

緊急SOSとは?

緊急SOSは、iPhoneの「電源ボタン(スリープボタン)をすばやく5回押す」と起動します。iPhone 8/8 Plusの場合は「音量ボタンと電源ボタンの長押し」がデフォルト設定です(変更可)。

その名の通り、緊急時に防犯ブザーのような音を鳴らし、警察(110)・海上保安庁(118)・火事、救急車、救助(119)に電話をかけることができる機能です。

緊急SOSのおすすめ設定と使い方

緊急SOSを使う場面は日常生活ではほぼないと思います。使う機会があるとしたら、本当に切羽詰まった緊迫した状況の可能性が高く、画面をスライドしたり、タップする余裕がない状況も想定されます。

そのため、緊急SOSは自動発信の設定をしておいた方がいいかもしれません。

設定方法は【緊急SOS】をタップします。

緊急SOSの設定と使い方

設定の「自動通報」をオン(緑)にすればOKです。

緊急SOSの設定と使い方

自動通報をオンにしていると、iPhone電源ボタンを5回連続で押したあとカウントダウンが始まり、カウントダウンが終わると自動で発信されます。

※自動通報の設定をしていない場合は、電源オフ画面が表示され、緊急SOSをスライドすると通報先選択画面が表示されます。

LINK:iPhone で緊急 SOS を使う – Apple サポート

メディカルIDの登録

合わせて「メディカルID」の設定もしておくこともおすすめします。

iPhoneの標準アプリ「ヘルスケア」のメディカルIDを作成し、緊急連絡先を設定しておくと、緊急SOSによる電話が終わった後、指定の緊急連絡先にテキストメッセージが送信されます。位置情報サービスがオフの場合は、一時的にオンになります。

緊急連絡先には、緊急SOSが発信されたiPhoneの現在地、SOSモードに入ってからの経過時間などが送信され、現在地が変わったらその都度、最新情報が届く仕組みです。

メディカルIDは、ヘルスケアAppの「メディカルID」タブから登録できます。

緊急SOSの使い方を共有しておこう

何かあった時に画面を見なくても通報できる「緊急SOS」。使うことがなければそれに越したことはありませんが、もしもの時に命を助けてくれるかもしれません。

自身で設定することはもちろん、家族や友達にも緊急SOSの使い方やメディカルIDの設定を共有しておくことをおすすめします。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント