ネットで話題のニュースを紹介

『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』ガチャ返金騒動から有料アイテム返還までのまとめ

鳴り物入りでスマートフォンゲーム市場に参入したスクウェア・エニックスのソーシャルアプリ『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト(以下ドラクエモンスターズ)』。さすが天下のドラクエブランドとあって、ダウンロード数は10日そこそこで早くも200万を突破しました。

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト

そんなドラクエモンスターズですが、有料アイテム「ジェム」を使って利用できるガチャの表示や確率があまりにもヒドすぎるということで、返金を求めるスレッドが立って祭り状態になりました。さらにスクエニはそれに対応する形でジェムを返還するという異例の事態にまで発展。

今回、このような顛末になった経緯を順にまとめてみました。

1.「金の地図ふくびき」の内容が酷かった

管理人もこのアプリをプレイしていますが、「金の地図ふくびき」(パスドラでいうレアガチャ)の当たり確率と中身の酷さは、他のソシャゲと比べて群を抜いて酷いものでした。

ドラクエモンスターズで出てくるモンスターはF~Sまでのランクがあります。金の地図ふくびきではD~Sのモンスターが手に入るのですが、ほとんどDかCのモンスターしか出ません。Dのモンスターはその辺のダンジョンでドロップするようなモンスターなので産廃以下のモンスターばかり。私もリセマラや配布ジェムで20回以上引きましたが、CとDしか出ませんでした…。

SやAなどレアなものが出にくいのはもちろんだと思いますが、数十回引いてBすら出ないというのはちょっと絞りすぎな気はします。配信当初からガチャの酷さに不満を言うユーザーが多数いました。

2.スクエニが「金の地図ふくびき」の画面をこっそり差し替える

下は配信当初の「金の地図ふくびき」の画面。

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト「金の地図ふくびき」(有料ガチャ)

ネットではこの画面に対して「こんなに金の地図があるのに金を引かないとかおかしい」「画面と中身が全然違う」という声が大きくなっていました。すると、なんとスクエニはこっそり画像を修正するという暴挙に。

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト「金の地図ふくびき」(有料ガチャ)

銀の地図が増えたw

これに対してユーザーは「修正するのはそこじゃないだろ」「変更するってことはスクエニも確率が低いって認めたってことか」「これでも実際の確率とは合っていない」と燃料を投下する形になってしまいました。

3.ガチャを実際に回して実証する画像や動画が流れる

そして、実際に「金の地図ふくびき」を大量に引いてどのくらいの確率でレアが出るのか試すユーザーが現れました。その様子はツイッターやニコニコ動画などで広まります。

ソーシャルゲーム界で有名なオロナインさんは、このゲームのガチャに数十万つぎ込んだそうです。

LINK:【ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト】オロナインさんさんのやまたのおろちへの意気込みがやばいww

4.Apple、Googleに返金を求めたらお金が返ってくると話題に

このようなガチャの確率設定に怒ったユーザーが、Apple・Googleに対し返金を求めるという動きが起こります。

そして、返金を求めたユーザーが実際に返金してもらったという画像が投稿され、「同じようにすれば使ったお金が返ってくる」と話題になり、祭り状態に。返金要求スレッドもすさまじい勢いで加速し、本スレより盛り上がってしまいます。

2ちゃんねるに貼られた「Appleからの返金メール」

スレッドには「返金用テンプレ」も貼られ「テンプレ通りに送ったら全額返金された」といった報告が相次ぎました。ただ、あくまでネットでの書き込みだけだけで、画像にしても自作できるものなので真偽のほどは分かりません。

5.スクエニがガチャを刷新しジェムを返還すると発表

こうした事態を重く見たスクエニは「金の地図ふくびき」の内容を変更して、今までガチャで利用したジェムを返還するという発表をしました。下記は公式より抜粋。

「まほうの地図ふくびき」について、サービス向上を目的とする仕様変更を実施するため、一時的に「まほうの地図ふくびき」の提供を停止いたしますことを、お知らせいたします。新しい仕様が実装され次第、「まほうの地図ふくびき」の提供を再開いたしますので、「まほうの地図ふくびき」再開までの間、しばしお待ちいただけますよう、お願い申し上げます。

なお、仕様変更に伴い、変更前に「まほうの地図ふくびき」をご利用になったプレイヤーの皆様と変更後に新たに「まほうの地図ふくびき」をご利用になるプレイヤーの皆様の公平を期するため、以下の対応を実施いたします。

『ドラゴンクエストモンスターズ』のサービス開始から「まほうの地図ふくびき」の仕様変更前までに「金の地図ふくびき」をご利用された回数に応じた個数のジェムおよび「銀の地図ふくびき」をご利用された回数に応じたポイント数のサポートポイントをご利用になったIDへプレゼントいたします。

LINK:スクウェア・エニックス BRIDGE | ゲーム・コミュニティ| SQUARE ENIX BRIDGE

今回のドラクエガチャ返金騒動をどうみるか

私は実際にプレイしているユーザーなので、ガチャの絞り方は確かに酷いと感じましたが、そこを突いて返金を求めるというのも少し乱暴な気がします。

「金の地図ふくびき」で金の地図はそうそう出ませんが、一応「D以上のモンスターが出る」との表記はあります。また、金の地図だらけの画面が射幸心を煽っているのは否めませんが、あくまで画面はイメージとして作ったはずです。しかし、それをこっそり変更するのは確かにいただけませんね。

ただ、私は課金をしていないので客観的に見れますが、数万…数十万課金したユーザーが腹を立てる気持ちもわかります。人によっては、画面を見て本当に誤認した人がいるかもしれません。

今回の返金祭りは複数の要因が絡み付いて起こった出来事だと思います。

  • ガチャが一回500円と他のソシャゲと比べ割高であったこと
  • ドラクエというビッグネームで期待(運営含む)が大きかったこと
  • 素材となる卵のドロップ率が急に下がったと噂になったこと
  • 全く使えないDランクのモンスターを有料ガチャに入れたこと
  • 人気アプリのためユーザーが多くいたこと

そして画像の修正が燃料となり、ガチャ動画で引火し、返金された画像で爆発したのだと思います。

やはりドラクエブランドは偉大です。鳥山明は自分のキャラクターが賭博に使われるのが我慢できないため、自分の書いた作品をパチンコなどには提供しないという話です。そんなドラクエのソシャゲ化、そして悪質なガチャ絞りから起こったこの騒動は、ドラクエが好きなユーザーの期待を裏切った結果なのかもしれません。おそらくドラクエでなければここまで騒ぎにならなかったはずです。

スマホのソーシャルゲームは開発も比較的容易で、当たればぼろ儲けできるモデルかもしれませんが、バランスや運営を間違えるとメーカーやブランドを傷つける諸刃の剣です。

返金要求が正しいとは思いませんが、非のないメーカーを揃って叩くほどユーザーも馬鹿ではないはずです。今回の事件を機にスクエニはもちろん、他のゲームアプリ開発会社も運営方針やガチャの仕組みについてより考えるキッカケになれば、スマホゲーム業界にとって意義のある騒動になるかもしれません。

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト
カテゴリ: ゲーム, ロールプレイング, ストラテジー

関連する記事

コメント

※コメントは承認制のためすぐには反映されません。