【エラーメッセージ】404?503?HTTPステータスコードの一覧まとめ

Webページを見ていると、稀に「404 Not Found」「500 Internal Server Error」などと英語で書かれている真っ白な画面に遭遇します。このエラーメッセージは「HTTPステータスコード」と言われるもので、ホームページに何か問題がある時に表示されるものです。

パソコンを見て悩む男性

実はこのコードを知っていると「どんなエラー」で「どういう対応をすればいいのか」がわかります。例えば、400番代はクライアントエラー(自分のブラウザ側のエラー)、500番代がサーバーエラーです。

今回は知っているとちょっと役に立つ「エラーコードの意味と対応方法」について、まとめてみました。

401 Authorization Required

ユーザー認証(パスワードなど)が必要なページ、あるいは認証に失敗した時

ユーザーの対応方法

  • パスワードやアカウントを正しく入力してるか確認

管理者の対応方法

  • .htaccessの「AuthUserFile」で指定されているファイルパスを確認

403 Forbidden

閲覧禁止のページ、あるいはアクセス権限がないページの時

ユーザーの対応方法

  • そのページにアクセスする権限あるか確認

管理者の対応方法

  • パーミッションの設定を確認
  • .htaccessによってアクセス制限がかかっていないか確認

404 Not Found

指定されたページが存在しない時

ユーザーの対応方法

  • ページ(URL)が間違っていないか確認

管理者の対応方法

  • ページ(URL)を移転した、あるいは削除していないか確認

500 Internal Server Error

CGI・PHPのエラー等でリクエストを実行できない時、内部エラー

ユーザーの対応方法

  • 時間を置いて確認

管理者の対応方法

  • .htaccessの記述や文字コード等を確認
  • CGI・PHPのパーミッションや設定を確認

503 Service Temporarily Unavailable

アクセス集中やメンテナンス中で一時的にページを表示できない時

ユーザーの対応方法

  • 時間を置いて確認

管理者の対応方法

  • ページの構造を見直す
  • サーバーのプランや設定を見直す

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント