Googleマップがゼンリンとの契約解除 地図データを自社製に変更して「劣化した」不満の声相次ぐ

Googleマップの地図が、ゼンリンが提供していたデータから自社製データに変更したとみられ、不満の声が相次いでいます。

以前のGoogleマップは「ZENRIN」のコピーライトが表示されていましたが、現在は「©2019 Google」といった表記に変更されています。

「Googleマップが劣化した」ネット上では不満の声

ユーザーからは変更後のGoogleマップに対して「細い道が消えた」「バス停が表示されない」「道幅が全然違う」といった実際の地形との違いが指摘されています。

中には、災害等で長期間運休となっている路線が地図上から削除されるなど、重大な問題も報告されています。

Googleは「新しいGoogleマップの問題について把握しており、解決に向けて調査中」とのコメントを出しています。

LINK:Googleマップ変更で「バス停が消えた」「道がない」 不便さを指摘する声相次ぐ Google「素早い解決に努めている

Googleマップの劣化に伴い、ゼンリンのデータで地図が表示される「Yahoo! MAP」アプリおよび「Yahoo!地図」の評価が相対的に上がっているようです。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント