CPIで.htaccessを使ってリダイレクト設定する方法(mod_rewriteの有効化)

CPIのレンタルサーバーで、.htaccessを使ったリダイレクト(転送)設定する場合の覚書です。

CPIで.htaccessを利用したリダイレクトを行う際は、.htaccessに特定の記述を追加してmod_rewriteを有効化する必要があります。

関連記事:GMOのiCLUSTAで.htaccessにhttpsリダイレクトを設定しても動かない時の解決方法

mod_rewreiteを有効化する方法

.htaccessファイルの先頭に下記を追加します。

Options +SymLinksIfOwnerMatch
RewriteEngine On

例えば「wwwありのURLにリダイレクトする」場合は、下記のように記述します。

Options +SymLinksIfOwnerMatch 
RewriteEngine On 
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example\.jp 
RewriteRule (.*) http://www.example.jp/$1 [R=301,L] 

※301は恒久的なリダイレクト

.htaccessの記述方法はサーバーによって異なる場合があるので、上手く動作しない時はホスティングのヘルプを参照する習慣をつけると作業効率が上がります。

LINK:.htaccess の設定方法(CPIサポート)

Related Posts

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

Comment