【注意喚起】「東名追突事故」のデマ拡散で無関係企業に嫌がらせ、電話殺到し会社休業

神奈川県大井町の東名高速でワゴン車が大型トラックに追突され、夫婦が死亡した事故。非常に悪質な事件ということもあり、怒りを覚えた人も少なくないと思います。

スマホで通話する名無し

一方でその事故を巡り、無関係な企業が「容疑者の勤務先」としてネット上で拡散され、中傷や嫌がらせの電話が殺到するといった被害が起こっているそうです。

デマ拡散で無関係な人が嫌がらせ被害に

「事実無根の話を信用して、電話や書き込みをする人を理解できない」

北九州市八幡西区の石橋建設工業社長、石橋秀文さん(47)は今もネットのチェックを欠かさない。

会社の電話が鳴り始めたのは、容疑者が逮捕された翌日の今月11日だった。

容疑者の姓が「石橋」▽住所が、北九州市に隣接する福岡県中間市▽職業が建設作業員――などと報じられると、石橋さんを「容疑者の父」、石橋建設工業を「容疑者の勤務先」とする誤った情報がツイッターや掲示板サイト「5ちゃんねる」(旧2ちゃんねる)に書き込まれ、会社の電話番号も拡散していた。

ほとんどは非通知の無言電話や取った瞬間に切る電話だったが、「オヤジを出せ」と声を荒らげる人もいた。無関係だと説明しても「ウソをつくな」と返ってきた。なかには「極道なめんな。若い者を連れていく」とすごむ電話もあった。11日だけで着信は100件ほどに上ったという。

LINK:「容疑者の父」東名事故でデマ拡散 電話殺到し会社休業

メディアでは残された子供の証言や容疑者の言動や行為などが報道され、憤りを感じた人も多いでしょう。

が、ネットなどで拡散された情報を鵜呑みにして、「自分の正義」を盾に凸するというのは大変危険な行為です。

うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい(ひろゆき)

そもそも、仮にその情報が真実だったとしても、加害者の個人情報をネットで拡散したり嫌がらせをする行為自体、立派な「暴力」ではないでしょうか。もちろん、頭にくる気持ちはわかりますし、そういう輩を懲らしめてやりたいという気持ちもよく分かります。

ただ、それとこれは別問題。犯罪を犯した人間は司法がきちんと裁きます。残念ながら、私たちに裁く権利はありません。

ネットで見た情報はもちろん、テレビで報道されている情報だって本当に真実かはわかりません。もしかしたら、私が書いているこのブログだって本当のことを書いていないかもしれません。

関連記事:「メディアは事件の一部を切り取って報道する」ことを描いた風刺画が的確だと話題

情報社会の今、ネットリテラシーが問われる時代でもあります。悪質な事件や事故に対して憤りを感じるのはわかりますが、その情報が真実なのか、そして文句を言える立場にあるのか、一度立ち止まって考えてみることが大切なのではないでしょうか。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント