ラニカイピルボックストレイルの行き方

インスタでも大人気!ハワイのおすすめ絶景スポット「ラニカイピルボックストレイル」の行き方

ハワイオアフ島で今人気のスポットと言えば、カイルアにあるラニカイピルボックストレイル(Lanikai Pillbox Trail)!ラニカイビーチが見渡せる頂上からの景色がフォトジェニックで、超おすすめの絶景スポットです。

ラニカイピルボックストレイル

1時間程度で登れるハイキングコースなのできちんとした装備がなくても運動靴と飲み水、タオルなどを持っていけば十分!インスタグラムでもたくさんの人がピルボックストレイルからの写真をアップしているので、見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。

ただ、場所がワイキキから少し離れているため、諦めてしまう方も中にはいると思います。そこで今回は「行ってみたい!」という人のためにラニカイピルボックストレイルへの行き方を詳しく紹介しようと思います。

ワイキキからピルボックストレイルまでの行き方

オアフ島の中心地ワイキキからは離れています。バスで行く方法もありますが、今回はレンタカーでの行き方を紹介します。

レンタカーのカーナビ(GPS)を使えばカイルアまでのドライブは初めてでもそんなに難しくありません。ただし、あらかじめハワイの交通ルールや標識の見方などは調べておいた方がいいでしょう。

ワイキキからカイルアへの行き方は、カウカウで紹介されているマップが非常に参考になります。H1(ハワイの高速道路)の乗り方も詳しく説明されています。

LINK:ハワイ(オアフ島)・旅の基本情報 | KAUKAUWeb

ちなみに、現地のフリーペーパーのカウカウにもこちらのマップが載っています。カウカウにはいろんなマップやお店の情報、クーポンがたくさん掲載されていて役に立つので、現地に着いたらゲットしておくといいですよ。

ピルボックスに行く際の駐車場は?

カイルアタウンに着くと有名なパンケーキ屋さん「ブーツ&キモズ」や大型スーパー「ターゲット」、オーガニックスーパー「ホールフーズ」などがあります。朝早めにカイルアに着いて、朝食をブーツ&キモズで食べてからピルボックスへ行くのもいいと思います!

ブーツ&キモズのマカダミアナッツソースのパンケーキ

関連記事:ハワイ旅行で絶対食べたい!ご飯の美味しいおすすめお店ランキング

レンタカーで行くときに気になるのが駐車場ですよね。残念ながら、ピルボックスのあるラニカイには公共のパーキングがありません。そのため、カイルアビーチパークの駐車場に停めるのがおすすめです。

カイルアビーチパークには手前の大きな駐車場と、ラニカイ方面へ進んだところにある東側の小さな駐車場の2つがあります。手前の大きな駐車場にはトイレや更衣室などもあります。カイルアビーチパークからピルボックスまでは歩いて15分~20分ほどかかります。東側の駐車場からは徒歩10分ほど。東側の駐車場は停められる台数が少ないので、朝早く到着したほうが停められる確率は高いです。

他にラニカイの住宅街に路上駐車をするという方法もあります。ラニカイに車を停められればピルボックストレイルの入り口までは5分ほどになります。ただ、2016年から路上駐車のルールが厳しくなっていることもあり、色々と注意が必要です。祝日など、路駐が規制されることもあるので、最新情報を確認して判断しましょう。

車上荒らしなどの危険もあるため、カイルアビーチパークに車を停めて、そこから徒歩でピルボックストレイルへ向かう方が安心ではあると思います。

ピルボックストレイルの入り口へ

カイルアビーチパークからラニカイ方面へ向かいます。左手に塔が見えてきます。

塔を通り過ぎて道が二股に分かれるので、右手のAalapapa Dr(アアラパパドライブ)を進み、次の交差点Kaelepulu Dr(カエレプルドライブ)を右に曲がります。右手にゴルフコースがあるので、そのまま坂道を登って行くと左手にラニカイピルボックスハイクの入り口があります。

ラニカイピルボックストレイル入り口

こんな感じの小さな看板があります。

入り口からわりと急な傾斜の登山道が始まります。途中岩を登ったり多少手をついたりするような場所もあるので、ビーチサンダルなどで登るのはちょっと厳しいと思います。

頂上までの道のりはゆっくり登っても1時間程度。日差しを遮るものなどが一切ないため、日焼け止めは必須。帽子やサングラスなどもあった方がいいです。

ラニカイピルボックストレイルからの景色

登っていくにつれて美しいラニカイブルーの景色が見渡せて、頂上に着いた時の感動はかなりのもの。ぜひたくさん写真を撮って、素晴らしい景色を楽しんできてくださいね!

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

TwitterでWeberNoteをフォローしよう!

コメント