意外と知らない?アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスの違いを解説します

コンビニやスーパーに行くと色んなアイスクリームが売っていますが、実はその中にも種類があることをご存知ですか?

森永チョコレートアイスクリームバーPARM(パルム)

「アイスミルク」とか「ラクトアイス」とか…なんとなく聞いたことありますよね!今回は意外と知らないアイスの種類について解説します。

アイスの種類は3つ(厳密には4つ)ある

乳成分(乳固形分と乳脂肪分)の量によって、アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスの3つに分類されています。

アイスクリーム

アイスクリームとは乳固形分15.0%以上(うち乳脂肪が8.0%以上)入っているものです。風味がよく栄養的にも優れている分、少々高価な商品もあります。

「ハーゲンダッツ」や「PARM(パルム)」「ピノ」「MOW(バニラ)」などは、アイスクリームに分類されます。

アイスミルク

アイスミルクとは乳固形分10.0%以上(うち乳脂肪が3.0%以上)入っているものです。乳固形分と乳脂肪分は「アイスクリーム」より少ないですが、牛乳と同じくらいの栄養分を含んでいるものも多いようです。

「チョコモナカジャンボ」「雪見だいふく」「ジャイアントコーン」「MOW(バニラ以外)」などはアイスミルクです。

ラクトアイス

ラクトアイスとは乳固形分3.0%以上入っているものです。乳固形分の代わりに「植物性脂肪」を使われていることも多く、意外に高カロリーの場合も。

ラクトアイスは「スーパーカップ」「爽」「パナップ」などが有名。

氷菓(ひょうか)

上記3つとは別に氷菓というものもあります。これは乳固形分がラクトアイスより低いか入っていないものです。

氷菓は「ガリガリくん」「ICE BOX」「あずきバー」など、比較的カロリーが低いものが多いのが特徴。

参考サイト:アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスなどの違い

やっぱりアイスクリームが一番美味しい?

ラクトアイスは乳脂肪分が少ないのでカロリーが低そうですが、植物性脂肪を多く使うので、かえってカロリーが高かったりします。またトランス脂肪酸を含むものもあるようなので、食べ過ぎはあまり健康に良くないかもしれません。

「風味がいい=アイスクリーム」というのが一般的ですが、これは好みの問題かと思います。中には「さっぱりしていてるラクトアイスの方がいい」という人も結構います。

私はやっぱりアイスクリームが好きですね!特に「森永のパルム」はコスパを含めると、個人的に最強のアイスだと思っていますw

今度アイスを買う時はこんなアイスの種類を意識すると、値段の高い場合も「これはアイスクリームだからしょうがないな」と思えるかもしれませんね!

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

4 件のコメント

  • 返信 ぽい |

    最強は明治のGOLD LINEだと思います。
    アイスクリームのおいしさがPALMよりいいですよ。

    • 返信 Turkey |

      GOLD LINEというのが最近出たんですね!知らなかったです!
      ぜひ近いうちに食べてみます!

  • 返信 桔梗 |

    牧場しぼりも、MOWもバニラ以外のフレーバーはアイスミルク。バニラはアイスクリーム。記事を訂正して下さい。

    • 返信 Turkey |

      ご指摘ありがとうございます。
      記事の内容を訂正いたしました。

コメント