メガネやコンタクトに記載されている「屈折率」で目の視力はわかるの?

眼鏡やコンタクトレンズを利用している方は、処方箋などに「-5.0D」「-2.0D」という数字が書かれているのを見たことがあると思います。

視力検査

目の悪さに関係しているっぽいこの表記について、気になったので少し調べてみました。

「−」や「D」は何を表してるの?

「-○○D」は屈折度数(屈折率)を表しています。

「−(マイナス)」という表記は近視、「+(プラス)」は老眼を表すそうです。「D」は「ディオプトリ」と読み、屈折率の単位になります。

数字は大きいほど度数は強くなります。例えば「-3.0D」と「-5.0D」であれば、「-5.0D」の方が裸眼視力が悪いということになります。

ただし、この「ディオプトリ」は眼鏡やコンタクトの屈折率を表しているだけのようです。実際の目の屈折率とは別物なので気を付けてください。

LINK:屈折度数と視力の関係

屈折率から視力はわかるの?

近視の屈折度数と裸眼視力の範囲は以下の通りです。

目の屈折率 裸眼視力の範囲
-0.25D 1.2~0.8
-0.50D 1.0~0.5
-0.75D 1.0~0.4
-1.0D 0.9~0.2
-1.25D~-1.5D 0.8~0.1
-1.75D~-2.0D 0.7~0.08
-2.5D 0.5~0.06
-3.0D~-3.5D 0.3~0.04
-4.0D~-4.5D 0.2~0.04
-5.0D~-6.0D 0.1~0.02
-7.0D 0.06~0.02
-8.0D 0.04~0.02

先にも記載しましたが、コンタクトの箱などに書いてある数値はコンタクトの屈折率のため、目の屈折率とは違います。目の屈折率や視力を正確に測るには、眼科などで測定してもらいましょう。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント