一番お得なキャッシュレス決済はどれ?ややこしいポイント還元事業をわかりやすく解説します

2019年10月1日から消費税率が10%に引上げられました。今回は8%に増税した時の消費の激しい落ち込みを踏まえ、緩和措置として中小・小規模事業者によるキャッシュレスのポイント還元等を支援する「キャッシュレス・ポイント還元事業」も始まりました。

日々ニュースなどで取り上げられているので、皆さんご存知の事業だとは思いますが、これがなかなか複雑でよく理解していない人も少なくないのではないでしょうか。「よくわからないからいいや」と投げたしたくなる気持ちもわかるのですが、それではあまりにも損してしまいます!

そこで、今回はこのややこしい「キャッシュレス・ポイント還元事業」をまとめ、もっとも得をする決済方法について解説しようと思います。

※お得な決済方法については、記事執筆時になりますのでご注意ください。

関連記事:実はこんな仕組みだった!知っていると便利なクレジットカード 10の真実

「キャッシュレス還元」とは?

「キャッシュレス還元」の正式名称は「キャッシュレス・消費者還元事業」。

実施期間は、2019年10月から2020年6月末までの9カ月間の予定です。これは税率引き上げによる消費低迷を防ぐとともに、諸外国に比べて低いキャッシュレス決済の普及率を上げるのが狙いです。

「キャッシュレス還元」は特定の店舗で商品を購入する際、クレジットカードや電子マネー、スマホ決済などで支払うとポイントの還元が受けられるという制度です。

「キャッシュレス還元」を受けれる店舗は?

ここで注意したいのが「全ての店舗でポイント還元を受けれるわけではない」という点。

キャッシュレス還元の対象となる店舗は、中小企業の条件を満たす事業者の運営店舗のみ。百貨店や大手家電量販店などは対象外です。

「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店には「CASHLESS」と書かれた赤いロゴマークが入りのポスター・ステッカーが掲示されます。

また、還元される割合は「2%」か「5%」のどちらかになります。基本的にコンビニ、外食、ガソリンスタンドなどのフランチャイズチェーン店は「2%」還元。その他の中小規模の事業者が運営する店舗は「5%」還元になります。

created by Rinker
技術評論社
¥858 (2019/12/06 18:54:50時点 Amazon調べ-詳細)

対象店舗を探す方法は?

キャッシュレス還元の対象店舗を探す方法は3つあります。

1つ目は先に説明したロゴマークが入りのポスター・ステッカーを確認する方法

2つ目はWEBサイトで探す方法。加盟店は「キャッシュレス・消費者還元事業」の公式サイトで検索マップが公開されています。

LINK:「キャッシュレス・消費者還元事業」地図検索

3つ目はアプリを使う方法です。

ポイント還元対象店舗検索アプリ
カテゴリ: ライフスタイル, ショッピング

iOS:ポイント還元対象店舗検索アプリ on the App Store
Android:ポイント還元対象店舗検索アプリ Google Play

アプリ版は不便な仕様や不具合への批判が多数あります。

それを受け、経産省は10月4日にアプリ機能の追加・改善といった今後の対応について発表しました。「ピンと実際の住所が一致しない不具合」を10月7日から2~3週間をめどに修正するとのこと。また、10月中にはWeb版同様の「絞り込み機能」が導入される予定です。

また意外と知られていませんが、ネット通販大手のAmazon楽天市場などでもキャッシュレス還元を受けれます。Amazonの場合は、中小規模の店舗が出品しているマーケットプレイスが対象。楽天市場やYahoo!ショッピングでも、5%還元を実施しているストアにはロゴマークを表記して案内しています。

キャッシュレス還元で一番お得な支払い方法は?

さて、ここで一番気になるのは「じゃあ、どの決済方法が一番得なの?」ということだと思います。

クレジットカード、電子マネー、コード決済…とキャッシュレス決済には様々な決済手段がありますが、ここでは簡潔に結論だけを書こうと思います。

本記事執筆時で、もっともお得な決済方法はJCBカードのスマホ決済(Apple Pay、Google Pay)だと思います。次点で5%還元の店ならPayPay、それ以外なら楽天ペイがお得だと思います(※d払いの20%還元は10月14日でキャンペーンが終了するため除外)。

JCBカードは2019年8月16日~12月15日の期間「スマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!」を行っています。

LINK:JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!

対象のJCBカード(クレジットカード・デビットカード・プリペイドカード)をApple Payまたは Google Payに設定して、キャンペーンの参加登録を行うと、利用合計金額の20%(最大1万円まで)がキャッシュバックされるものです。還元率、使い勝手は現時点ではもっとも高いと思うので、対象カードを持っている人はぜひ活用しましょう。

楽天ペイは期間中、2%還元の店でも還元なしの店でも一律5%還元のキャンペーンを行っています。楽天カードを持っていればさらにお得なので有効活用しましょう。

PayPayは10月1日~11月30日まで期間限定で「まちかどPayPay」キャンペーンを実施しています。

LINK:まちかどペイペイ 第1弾 – PayPay

金融機関の口座からのチャージかヤフーカード経由のPayPay決済で5%が還元されます。1カ月あたりの還元上限は2万5000円、1回あたりの還元上限は1000円です。国のキャッシュレス還元の加盟店であれば、合計で10%の還元になります。1回あたりの還元率は高くないので、高額の買い物にはあまり向いていません。

また、このキャンペーンはPayPayのポスターの掲出がある店舗に限ります。そのため、キャッシュレス・消費者還元事業登録店舗であってもポスターが掲出されていない場合は、PayPayボーナスが付与されない場合があるのでご注意ください。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント