【レビュー】JINSでメガネを買うなら最軽量モデル「Air frame ZERO」がおすすめ!

JINS(ジンズ)の最軽量モデル「Air frame ZERO」を購入しました。

薄くて抜群の軽量感。ミニマルフォルムのメガネ「Air frame ZERO」

当ブログでは以前、JINS・Zoff・眼鏡市場「激安メガネのかけ心地」や「スタッフ対応」を比較してみたでJINSを酷評しており、もう購入することはないと思っていましたが、安価のPCメガネがどうしても欲しかったので今一度試してみることに。

前回の失敗を生かし、見た目ではなく「軽さ」と「かけ心地」を優先項目として選んだ「Air frame ZERO」。いい意味で裏切られました。

「Air frame ZERO」とは

「Air frame ZERO」今のJINSのラインナップでは最も軽いモデルです。

究極のミニマルフォルム、Air frame史上最薄最軽量モデル『Air frame ZERO』。
フロントにはAir frame ULTRAと同じPES素材を使用し、軽くてしなやかに。

重量感だけでなく、軽さを感じさせるカラーリングを組み合わせて自然な見え方に近づけました。テンプルには、メタル素材を組み合わせて、軽さとかけ心地にこだわりながら、上質感のある見た目にデザインした眼鏡です。

LINK:Air frame® ZERO | JINS – 眼鏡(メガネ・めがね)

「Air frame ZERO」を使ってみて

以前購入した「ITL×JINS」モデルとは、かけ心地が雲泥の差でした。一応、このモデルも「Air frame」と銘打ってはいたのですが…なんだったんでしょうか(笑)

今回買った「Air frame ZERO」は、間違いなく今まで使ってきたどのメガネよりも軽く、かけ心地もかなり良かったです。

「Air frame ZERO」を選んだ決めたは耳の接触するテンプル部分。今まで合わなかったメガネはテンプルが太いモデルが多かったため、テンプルが細くこめかみとの接地面が少ないものを選びました。テンプルは顔との接触面積も大きいため、耐久性や弾力性がとても重要になってきます。

薄くて抜群の軽量感。ミニマルフォルムのメガネ「Air frame ZERO」

「デザイン」と「かけ心地」を両立しているメガネというのは、なかなか見つからないと思います。自分がメガネに求めるものは何かを考え、どちらかに比重を置いてチョイスすると失敗は少なくなりそうです。ちなみに「Air frame ZERO」のデザインはシンプルでクセのないので、個人的には気に入っています。

軽くてかけ心地のいいメガネを探しているのであれば「Air frame ZERO」はかなり満足いくモデルだと思います。

LINK:Air frame ZERO

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント