日本語対応!GoogleとAdobeが高品質なオープンソースフォントをリリース

GoogleとAdobeが共同開発して日本語、中国語、韓国語に対応したオープンソースのフォント「Noto Sans CJK(Adobeは「Source Han Sans」)」の配信を開始しました。

高品質な無料フォント「Noto Sans CJK(Source Han Sans)」

ライセンスはApache License, Version 2.0で誰でも無料で利用できます。

関連記事:漢字にも対応している日本語のフリーフォントまとめ

高品質な無料フォント「Noto Sans CJK(Source Han Sans)」

オープンソースフォント「noto」を展開するGoogleが、Adobeに働きかけて生まれたのが今回のフォントだそうです。

GoogleとAdobeが開発した無料フォント「Noto Sans CJK」

Googleの公式ブログには「クセがなく大きさが揃ったひらがな・カタカナは、ラップトップ、スマートフォン、タブレットなどの様々なデバイスのユーザーインターフェースとしても使いやすく、また伝統的な文字の優美さを受け継いだ形はウェブコンテンツや電子書籍などの長文を読むのにも適している」と説明されています。

日本語対応というだけでも嬉しいですが、さらに7種類のウェイト(太さ)があるのが素晴らしい!無料でこれほどウェイトを選べる日本語フォントは少ないと思います。

GoogleとAdobeが開発した無料フォント「Noto Sans CJK」

各国のフォントは同じスタイルでデザインされているので、多言語対応しているサイトはページの統一感もとれて使いやすいのではないでしょうか。

公式ブログの発表はこちら。

Google Developer Blog:Noto フォントファミリーに日本語、中国語、韓国語が追加
Adobe Typekit Blog:Source Han Sansの紹介

ダウンロードは下記より可能です。

LINK:Google Noto Fonts

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント