【Excel】エクセルの起動時に作られる3枚のシートを1枚にする設定方法

Microsoft Excel(エクセル)のちょっと役立つTips。Excel(2010)は新規でブックを作成すると、「Sheet1」、「Sheet2」、「Sheet3」という3枚のシートが作成されます。

Microsoft Office Excel(エクセル)

シートを複数利用する時はいいのですが、意外と複数シートを使う場面は少なく、いちいち手動で削除している人も多いのではないでしょうか。…地味ながら無駄な作業で面倒くさいですよね。

今回はExcelの起動時にシートを1枚だけ開くように設定する方法を紹介します。

エクセルのシートを1枚にする方法

設定はすごく簡単です。

  1. リボン(ツールバー)の「ファイル」をクリック。
  2. 左に出てくるメニューの「オプション」をクリック。
  3. 「基本設定」の「新しいブック作成時」にある「ブックのシート数」を「1」に変更。

エクセルのシートを1枚にする方法

これだけでOK。設定しておくと意外にストレスが減ります(笑)

ちなみにExcel 2013ではデフォルトのシートの設定枚数は1枚になっています。おそらくユーザーからの要望が多かったんでしょうね。

こんな記事も読まれてます

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント