任天堂とDeNA業務提携発表のまとめ。今後のスマホ業界が大きく変わる可能性も

3月17日、任天堂とディー・エヌ・エー(DeNA)は、資本・業務提携を発表しました。約220億円の株式を相互に持ち合うとともに、グローバル市場を対象にしたスマートデバイス向けゲームアプリを共同開発することになります。

任天堂とディー・エヌ・エー(DeNA)

任天堂はスマートフォンユーザーに顧客層を広げる一方、DeNAは主力のモバイルゲーム事業をグローバルに強化していくことを目的としています。

業界に大きな衝撃を与えた今回の業務提携発表の内容と合わせ、今後のスマホゲーム市場がどのように変化するかまとめてみました。

任天堂「ゲーム専用機に対する情熱を失ったからではない」

任天堂は今までスマートフォン市場には参入せず「ニンテンドーDS」や「Wii」などゲーム専用機にこだわったビジネスを展開していました。それがなぜ、このタイミングでDeNAと業務提携を行ったのでしょう。

任天堂株式会社 取締役社長、岩田聡氏はこのように話しています。

今日お集まりのみなさんの中には、「これまで任天堂は、スマートデバイスのゲームビジネスに対してずっと慎重な姿勢を崩さなかったはずなのに、どうして方針転換するのか?」ということを疑問に思われる方も多いと思います。

昨年1月の経営方針説明会でも、「スマートデバイスの活用においてゲームコンテンツは禁じ手にしない」と申し上げたとおり、私は、スマートデバイスでゲームをつくることそのものに否定的だった訳ではありません

しかし、デジタルの世界では、コンテンツ価値が容易にデフレ化し消耗しがちであることや、スマートデバイスでは、コンテンツの新陳代謝が激しく、個々のコンテンツの寿命が短くなりがちで、コンテンツ価値の維持が容易ではないこともあって、「どうすれば任天堂IPの価値を維持・発展させながら、ビジネスを展開できるか」、「それには、どういう条件が必要か」ということを考え続けてきました。そこに、ようやく任天堂なりの答えが出せたとお考えください。

任天堂がスマートデバイスでゲームビジネスを展開することにしたのは、ゲーム専用機ビジネスに対する情熱や展望を失ったからではありません。むしろ、どうやってスマートデバイスを活用するかを決めたことで、今まで以上にこれからのゲーム専用機ビジネスへの情熱や展望を持っています。

ゲーム専用機に展開されている素晴らしい価値のあるゲームソフトについて、世界中のより多くのお客様に認知してもらうキッカケをつくるために、スマートデバイスを活用するこのアプローチが合理的だと考え、決断しました。

引用は任天堂株式会社公式のニュースリリースより。

まとめると「ゲーム専用機ビジネスは任天堂の柱であることに変わりはなく、コンテンツを広めるためのツールとしてスマートフォンを活用する」ということだと思います。

LINK:任天堂株式会社 株式会社ディー・エヌ・エー 業務・資本提携共同記者発表

任天堂とDeNAの業務提携でどう変わる?

今回の提携で、任天堂の人気シリーズ「スーパーマリオ」「ポケットモンスター」「どうぶつの森」などがスマホで遊べる可能性が出てきました。ただ会見では「ゲーム機のゲームをそのまま移植することはしない」と宣言しているので、どのような形で出てくるかはまだわかりません。

株式会社ディー・エヌ・エー 代表取締役社長兼CEO、守安功氏は最後にこう話しています。

最後に1人のゲームファンとして言わせてください。子供のころから慣れ親しんだ任天堂さんのIPを活用したゲームをスマートデバイス上で楽しめるということについて、私自身いまから非常にワクワクしています。

またDeNAとしての抱負ですが、ゲーム専用機の分野で長らくユーザから最も支持されているゲームを提供し続けている任天堂さんと組む以上は、スマートデバイス上においても最もユーザに喜んでもらえるゲームを提供したいと考えています。

DeNAは初心を忘れず、コンテンツをブランドとして育てることができれば企業として大きく成長するはず。任天堂も「あくまでスマホ事業はゲーム専用機への橋渡し」というコンセプトを守って運営すればゲーム事業の活性化につながると思います。

ただ、方向を見誤るとDeNA以上に任天堂のダメージは大きいでしょう。元々ユーザーの印象の良い任天堂のイメージ低下は、既存ゲーム機事業の売上にも関わってくるので、今回の提携には大きなリスクもあります。

否定的な意見も目にしますが、1ゲームユーザーとしては任天堂のスマホ参戦は大歓迎です。戦略次第でスマホ業界の意識や方向が変わる可能性も大いにあります。任天堂はインフラ周りをDeNA丸投げするのではなく、開発にも大きく携わってもらいたいです。そして、既存のスマホゲームにはない「THE Nintendo」と思える展開を期待しています。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント