【まとめ】任天堂がコロプラを提訴-特許侵害で「白猫プロジェクト」を差し止め・賠償請求

ネットでも大きな話題になっているので皆さんご存知だと思いますが、株式会社コロプラは1月10日、任天堂株式会社から特許侵害に関する訴訟提起を受けたことを発表しました。

スマホゲームアプリ「白猫プロジェクト」

コロプラの提供するスマホゲームアプリ『白猫プロジェクト』が、任天堂の特許を侵害しているとのこと。元白猫民としてはかなり衝撃のニュースだったので、事の経緯と今後についてまとめてみました。

関連記事:話題のスマホゲーム『白猫プロジェクト』をプレイした感想と評価

2016年9月から任天堂に指摘される

任天堂広報室によると、タッチパネル上でジョイスティック操作を行う際に使用される特許技術など5件が侵害されたとのこと。

任天堂広報室によると、「タッチパネル上でジョイスティック操作を行う際に使用される特許技術」など5件が侵害されたという。

2016年9月、任天堂からコロプラに対して、コロプラのゲームが任天堂の特許権を侵害するとの指摘があったという。その後、コロプラは1年以上にわたり「特許侵害はない」と説明してきたが任天堂に受け入れられず、訴訟を提起されたとしている。

LINK:任天堂、コロプラを提訴「白猫プロジェクト」特許侵害で差し止め・賠償請求

侵害されたとされる特許のうちの一つは、白猫の売りでもある「ぷにコン」を指していると推測されます。ぷにコンの特許関連の情報は、こちらのサイトで詳しくまとめられています

コロプラ「侵害する事実は一切ない」

コロプラは「当社のゲームが任天堂の特許権を侵害する事実は一切ないものと確信している」とし、争う姿勢を示しています。

白猫プロジェクトに関する訴訟提起について

いつも白猫プロジェクトをお楽しみいただきありがとうございます。
本日1月10日(水)、株式会社コロプラ(以下、「コロプラ」)は任天堂株式会社(以下、「任天堂」)より特許権侵害に関する訴訟提起を受けた旨を発表しました。

コロプラとしては、任天堂の主張は不当であり、特許侵害の事実は一切無いものと考えております。今後、コロプラの見解の正当性を裁判等において明らかにしてまいります。

このたびは多大なるご心配をおかけし、誠に申し訳ございません。いつも応援していただいているユーザーの皆さまのことを第一に、今後もより一層サービスの向上に努めてまいります。引き続き、安心して白猫プロジェクトをお楽しみいただけましたら幸いです。

LINK:白猫プロジェクトに関する訴訟提起について(公式HP)

白猫訴訟問題、今後は…?

コロプラは本件に関するグループの業績に与える影響は「現時点で見通すことは困難」としていますが、課金するユーザーが激減することは明らか。ゲーム存続の危機もあるので、白猫ユーザーは気が気ではないでしょう。

任天堂法務部はこれまでも数々の訴訟に勝利し「最強」と称されていることで有名です。

また、いつから募集していたのかは定かではありませんが、コロプラが求人サイト・DODA(デューダ)で弁護士資格のある人材を募集しているという事実も。

百戦錬磨の任天堂の法務部が、勝ち目・メリットのない訴訟を起こす可能性は極めて低いと考えられます。今のところコロプラは全面戦争の姿勢を示していますが、問題が長引けば長引くほど収益に響くでしょう。

個人的には早めに「ごめんなさい」した方が傷口が広がらずに済むのでは…と思いますが、今後の動きに注目ですね。

白猫プロジェクト
カテゴリ: ゲーム, ロールプレイング, エンターテインメント, アクション

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント