小林製薬「紅麹コレステヘルプ」を飲み続けた私。病院に行って尿検査を受けた結果…

この記事は「小林製薬「紅麹コレステヘルプ」を飲み続けて10ヶ月。私の腎臓は大丈夫なの…?」の続きです。

病院での診察

小林製薬の「紅麹」を原料としたサプリメント「紅麹コレステヘルプ」により腎疾患が起きている件。今日、摂取後の死亡者数が4人に増えました。

被害者である私は、先日病院へ検査に行ってきました。検査の結果はまだ全て出ていないのですが、とりあえず病院でのやりとりを記録しておきます。

腎臓を専門にしている内科に

私は総合病院ではなく、腎臓を専門にしている内科に行きました。

病院にはネット予約の際にコレステヘルプの件を伝えていたので、着いてすぐ尿検査を実施しました。30分程度待ってから診察室に。ちなみに待合室のテレビで「紅麹コレステヘルプを摂取後の死者が2名に増えた」という速報を目にしました…

緊張して入った診察室。尿検査の結果は

「尿は今のところ大きな問題はない」

とのこと。少しだけ安心しました。

先生によると、紅麹コレステヘルプの件は病院のネットワーク?的なものを通じて通達が来ているそう。ただ、原因となる物質もわからず、腎疾患になった人の詳細も公開されていないため、なんとも言えないとのこと。

なので、とりあえず血液検査を行って、その結果を見て判断するとのことでした。血液検査の結果は早ければ今週末、遅くても来週頭にはわかるそうです。

今回の小林製薬の問題は、紅麹を製造した工場(大阪市 大阪工場)はすでに廃止・移転で検証困難という事実、自主回収発表の前より株価が下がっていることなどから、色々な憶測が飛び交っています。

被害者としては、とにかく小林製薬に誠実な対応を求めます。できる限り迅速に原因を突き止め、因果関係を明らかにし、詳細を公表すること、そして場合によっては被害者への補償もきちんと行ってほしいです。

次回は血液検査の結果の記事になると思います。

結果によっては、ブログを書く気力すらわかなくなりそうですが、あまり考えないよう過ごしていこうと思います。

次の記事:小林製薬「紅麹コレステヘルプ」の被害を受けた私。血液検査の結果が出ました…

Related Posts