小林製薬「紅麹コレステヘルプ」を飲み続けて10ヶ月。私の腎臓は大丈夫…?

小林製薬の「紅麹」を原料としたサプリメント「紅麹コレステヘルプ」により腎疾患などの健康被害が報告された問題。ついに腎疾患で亡くなった方が出てしまいました…

LINK:小林製薬「紅麹コレステヘルプ」腎疾患の患者が死亡

小林製薬「紅麹コレステヘルプ」

かくいう私も、昨年6月からほぼ毎日飲んでいた被害者であります(上の写真は自宅にある6袋の紅麹コレステヘルプ)。

自覚症状は夜間のトイレが増えたくらい…と思っていたのですが、今思うと数か月前に体に原因不明の湿疹が出たのもコレステヘルプが原因だったのかもしれません。

今回は世の皆様への共有と記録を兼ねて、「紅麹コレステヘルプ」を飲んだ経緯から現在に至るまでを記事にまとめることにしました。

紅麹コレステヘルプを飲んだ経緯

当ブログでは、過去に黒烏龍茶でコレステロール値が改善されたという記事を投稿していますが、もともと私はコレステロールが高い体質であります。今となれば、そのまま黒烏龍茶を飲んでいれば…と後悔しかありませんが、黒烏龍茶を買い続けるのも(金額や置き場所的に)大変だったので、巷で話題のコレステヘルプを試してみることにしました。

ちなみに紅麹を由来とするサプリメントは以前から注意喚起されており、この事実は私も購入前から知っていました。

LINK:紅麹を由来とするサプリメントに注意(欧州で注意喚起)

ただ、紅麹コレステヘルプの特設サイト(今は見れないようです)では「小林製薬のサプリメントは有毒な物質はなく安全です」と記載がありました。今回の件は、また別の物質とのことですが…

紅麹コレステヘルプを最初に購入したのが昨年6月。それから毎日飲み続け、約4か月後(9月)に人間ドックで検査をしました。

結果、コレステロール値は改善され、ほぼ正常に近い数値になりました。

…となると、飲み続けない理由はないですよね。そこから、2024年3月22日に自主回収の発表があるまで(飲み忘れた日以外は)ほぼ毎日飲み続けてきました。飲み続けた期間はおよそ10か月になります。

小林製薬の返品受付センターへ連絡

翌日、小林製薬のお知らせにある通り、返品受付センターへ連絡しました。午前中はずっと話し中だったのですが、午後あらためてかけてみたところ、運よくつながりました。

電話では、商品はクオカードで返金すること、病院に行く場合、領収書を送れば小林製薬が負担するとの話がありました。病院の費用を負担してくれることもあり、すぐに病院の予約をとって今に至ります。

製品の製造番号が公開

第2報で想定していない成分を含む可能性がある製品の製造番号が公開されました。

<ドラッグストアなどの店舗やECサイトでの販売分> 計14種類
製造番号:J3017、X3037、X3027、X3017、H3057、H3047、H3037、H3027、H3017、F3037、F3027、E3037、E3027、D3079

<当社の通信販売を通じての販売分> 計4種類
製造番号:X304、H306、G301、E301

LINK:紅麹関連製品の使用中止のお願いと自主回収のお知らせ(第2報)

確認してみると

「X3037」

完全に一致…

マジか…

私は自主回収の判断が遅すぎたことに非常に腹を立てています。迅速に行政などに報告していたら、もしかしたら、もしかしたら亡くなった人の命も助かったかもしれない。被害者だって少しは減ったかもしれない。そう考えてしまいます。

同社によると1月中旬以降、患者を診察した医師から問い合わせが相次ぎ、小林氏は最初の報告を受けた2月6日には「何らかの回収になるだろうと覚悟した」という。ところが、紅麹(こうじ)原料などの生産データを再確認し、「未知の成分」の存在を示す分析結果が出て自主回収を決断したのは3月中旬だった。

LINK:小林製薬、遅かった自主回収の判断 積み上げた信頼に傷 工場管理に落とし穴も

とにもかくにも、まずは早急に病院に行って検査をしてきます。結果は次の記事でまとめたいと思います。

万一、次の記事が投稿されなかった場合は…察してください。

次の記事:小林製薬「紅麹コレステヘルプ」を飲み続けた私。病院に行って尿検査を受けました

Related Posts