『崩壊3rd』プレイレビュー!圧倒的なクオリティと爽快アクションが楽しすぎるスマホゲーム

今むちゃくちゃハマっているゲーム『崩壊3rd』。“日本オタク”が集まったという中国メーカー「MiHoYo」が開発するスマホ向け横スクロールアクションゲームです。

美少女・萌え系ゲーム/アプリ「崩壊3rd」

iTunesのトップセールスランキングではちょいちょい見かけていましたが、萌え系ゲームかと思ってスルーしてきました(笑)ところが、実際にプレイしてみるとアクションゲームとしての完成度の高さに驚きました。

崩壊3rd
カテゴリ: ゲーム, ロールプレイング, アクション

関連記事:アクションRPG『スターオーシャン アナムネシス(SOA)』攻略&レビュー

『崩壊3rd』公式PV

ボイスは日本の声優を採用。釘宮理恵さん、沢城みゆきさん、水樹奈々さん、佐倉綾音さん、堀江由衣さん…など、人気の有名声優が名を連ねています。

もともと声優はほとんど知らなかったですが、ソシャゲをするようになってから名前と声がなんとなくわかるようになってきました(笑)

LINK:美少女・萌え系ゲーム/アプリ「崩壊3rd」公式サイト

『崩壊3rd』のここが面白い!

とにかく爽快なアクション

『崩壊3rd』の戦闘はとにかくスピード感があって爽快なのが最高に気持ちいい。アニメと見間違うほどのビジュアルで、さくさくぬるぬるキャラクターが動く様はスマホゲームとは思えないレベルです。

『崩壊3rd』戦闘画面

『崩壊3rd』戦闘画面

既存のスマホアクションゲームは、技が独立した存在となっていることがほとんど。簡単に技を繰り出せる利点がある反面、ゲームとしては単調になりがちです。

しかし、本作では特定条件を満たした際のみに発動するスキル「QTE」や「出場技」などをキャラに設定することで、戦闘と戦略に深みを持たせています。

『崩壊3rd』戦闘画面

スマホゲームとしては少し複雑なシステムなので最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてくると一気に戦闘が面白くなってきます。

ほとんどのキャラは無課金で入手可

『崩壊3rd』にもガチャはありますが、ほとんどのキャラクターは戦闘報酬や交換で手に入る「欠片」を集めることで解放できます

美少女・萌え系ゲーム/アプリ「崩壊3rd」

解放してから最高ランクまであげるまでの道のりは長いですが、課金しなくてもコツコツ地道にプレイしたプレイヤーが報われるのはいい仕様だと思います。

面白いけど万人受けするゲームではない

とまぁ、本当に面白いゲームなのですが、日本ではそこまで流行ってもいません。リツイートキャンペーンなどの数字を見ると人気タイトルのリツイートとの差に愕然とします(笑)

そこまで流行らないもっとも大きな理由は「システムやイベントが煩雑すぎる点」でしょう。

ゲーム内に色々な要素を詰め込んでいるので、システムを理解する前に投げてしまうライトユーザーも少なくないと思います。ターゲットを絞って開発しているのは理解できますが、ある程度人がいないと廃れていくのもまた事実。スマホゲームのメインユーザー層を考慮すると、もう少しわかりやすい仕様にしてもよかった気もします。

また「ガチャ(補給)の渋さ」も引退者が増える原因の一つではないでしょうか。

『崩壊3rd』標準補給(ガチャ)

スマホゲームでもっとも引退する人が多いタイミングは「モチベーションが下がってきた時のガチャ爆死」ではないでしょうか。私はそうです(笑)『崩壊3rd』のガチャの確率自体は一般的なソシャゲと大差はありませんが、揃えるものが多いのがネックです。

キャラ、武器、聖痕(3部位)の5つをガチャで集めないといけません。配布されるキャラや聖痕だけでも十分攻略できますが、ガチャで強い武器やキャラを引けないとやっぱりモチベ下がっちゃいますよね(笑)なので、ガチャ目当てでこのゲームをやる人は長続きしないと思います。

ちなみにソシャゲで定番のリセマラは『崩壊3rd』では推奨しません。端末とアカウントが紐づいているため、基本2台のデバイスが必要な上、よくあるチュートリアル後の10連などはできません。頑張ればリセマラできますが、さっさと始めてしまった方がいいでしょう。

と、いつものごとく最後にちょっと苦言を呈しましたが、ゲームとしては本当にクオリティが高く楽しめることは間違いありません。

万人におすすめできるゲームではありませんが、『白猫プロジェクト』や『スターオーシャン:アナムネシス』が好きな人はどストライクだと思います。オートポチポチゲーに飽きてしまった方は、ぜひプレイしてみてください!

崩壊3rd
カテゴリ: ゲーム, ロールプレイング, アクション

こんな記事も読まれてます

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント