メールアドレスの流出を知らせる無料サービス「Firefox Monitor」がリリース

9月25日、米Mozilla Foundationが自分のアカウント情報が流出していないかどうかをチェックできる無料サービスFirefox Monitor」を発表しました。

メールアドレスの流出を知らせるサービス「Firefox Monitor」

早速私も試してみたのですが、思った以上にメルアドやパスワードが流出していて衝撃を受けました…

メールアドレスの流出を知らせるサービス「Firefox Monitor」

Firefox Monitorは、ユーザーが日常的に利用するWebサイトを通じてメールアドレスやパスワードなどが流出する事件が後を絶たない現状を受け、セキュリティ研究者のトロイ・ハント氏が運営するサービス「Have I Been Pwned」と提携して誕生しました。

Firefox Monitor上でメールアドレスを入力すると、流出被害が確認されている情報のデータベースと照合し、そのアドレスが含まれていれば日付や流出元のサービスなどが表示されます。

ユーザー登録をすると、登録後にアカウントが被害にあった場合、通知メールを受信することも可能。

私もよく利用するメールアドレスで試してみたところ、AdobeやMyspaceなどからアカウントが流出していることが判明しました。ネット掲示板ではAdobe、Dropbox、Tumblrといった人気サービスからの流出報告が多い模様。これらのサービスを利用している方はとりあえず確認し、万一被害にあっていた場合は早急にメールアドレスやパスワードを変更することをおすすめします。

Mozillaによると、Firefox Monitorはユーザーがより安全にインターネットを利用できるようにする試みの1つにすぎず、今後もユーザーの権利を守るためのサービスをリリースする予定だとしています。

LINK:Firefox Monitor

こんな記事も読まれてます

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント