カラーコードを取得したい時はGoogle検索が便利!カラーピッカー機能が簡単に使えちゃう!

Web制作時に必ず利用する機能「カラーピッカー」。PhotoshopやIllustratorなど、画像編集ソフトに搭載されている色を選択できる機能です。

しかし、カラーコードを取得するためだけにソフトを起動するのはちょっと面倒ですよね。そんな時、便利なのがGoogle検索!実はGoogleで超簡単にカラーピッカーを使うことが出来るのをご存知でしょうか?

関連記事:SVGファイルを初めて設定する時につまずきやすいポイント!リンクの設定とカラーの変更方法

Googleで「カラーピッカー」を使う方法

使い方は超簡単。Googleで「カラーピッカー」と検索するだけ

検索すると検索画面の最上部にカラーピッカー機能が表示されるので、あとはPhotoshopなどのソフトと同じようにぐりぐり動かすだけで色を自由に取得することができます。

さらに左下部にある「色の値を表示」をクリックすると「RGB」「CMYK」「HEX」など、5種類のコードの表示もされます。

画像編集ソフトは起動に時間がかかるので、ブラウザで簡単に確認できるのが嬉しいところ!今後のアップデートでカラーコードを入力して色を取得できるようになれば最高ですね。

Related Posts

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

Comment