話題のキリストのフレスコ画を修復できるサービス「The Cecilia Prize」

80歳の素人おばあさんが修復した結果、非常に残念な姿になってしまったキリストのフレスコ画。

スペインのSanctuary of Mercy Churchという教会には、画家Elias Garcia Martinezが約100年以上前に描いた「Ecce Homo(この人物を見よ)」というイエス・キリストのフレスコ壁画があった。しかしその壁画は湿気のせいで、18カ月前からぼろぼろ崩れ始め、徐々に元の姿を失いつつあった。地元に住む80代の一人の女性は、それを見て、あることを決心したそうだ。
 
壁画の劣化を、ただじっと見ているだけなんてできない。修復しよう!
 
すると彼女は、塗料と筆を手に、自らキリスト壁画修復作業を開始。教会の運営者の許可もないまま、彼女だけによる修復は着々と進められていった。そして彼女の修復がついに完了した時、それを見た人々は凍りついたという。なぜなら彼女の絵が、恐ろしく下手だったから! 修復後の壁画には、元のイエス・キリストの姿はどこにもなく、そこにはまるで猿のような生き物が描かれていたとその壁画を見た人は言う。

LINK:【善意が生んだ悲劇】80代の女性が勝手にキリスト壁画の修復を試みる → 絵が下手すぎて顔が別人に

「The Cecilia Prize」で修復体験!

おばあさんが修復した壁画はこちら。

キリストのフレスコ画

おぉう…(困惑)

そんな話題のフレスコ画の修復を体験できるサイト「The Cecilia Prize」が公開されていました。

LINK:The Cecilia Prize(公開終了しました)

操作はペンツールを使って塗るだけですので直感的に出来るかと思います。制作された作品は、www.ceciliaprize.comでまとめられています。

個人的にはこれが好きw

孫悟空?キリスト?

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント