これは秀逸!原題よりも素晴らしい邦題の映画 ベスト5

先日「原題『Frozen』を『アナと雪の女王』に変えたセンスに脱帽!邦題に込めた思いとは?」という記事を紹介しましたが、今回は『アナと雪の女王』のように「原題よりもいいんじゃない?」と思わせる秀逸な邦題の映画をまとめてみました。

クライストチャーチ 大広間(ハリーポッターのロケ地)

原題を無視している邦題って結構多いんですね。

個人的に原題よりも素晴らしいと思う映画の邦題 ベスト5

ランキングは比較的有名な映画からピックアップ。

5位『海の上のピアニスト』

海の上のピアニスト [DVD]

原題:The Legend of 1900m
邦題:海の上のピアニスト

「1900 (ナインティーン・ハンドレッド)」と呼ばれた男の物語なので、原題は『The Legend of 1900m』。日本語にするのは難しい原題だと思いますが、とても綺麗にまとめたタイトルだと思います。

4位『この森で、天使はバスを降りた』

この森で、天使はバスを降りた [DVD]

原題:The Spitfire Grill
邦題:この森で、天使はバスを降りた

原題の『THE SPITFIRE GRILL(スピットファイア・グリル)』は主人公が働くことになる喫茶店の名前で、第二次世界大戦で名を馳せた名戦闘機が由来になっています。原題は映画のイメージが全くわかないですね。

3位『ランボー』

ランボー ベストバリューDVDセット

原題:First Blood
邦題:ランボー

ランボーの元の原題が『First Blood』というのは知らない人も意外といるのではないでしょうか。First Bloodとは最初に血を流すという意味で、派生して「先手」などの意味を持つ軍事用語だそう。

日本では主人公「ジョン・ランボー」の名前から取った『ランボー』のタイトルで公開されて大人気に。そのタイトルが本国アメリカでも受け入れられ、以降のシリーズは日本・アメリカともに『RAMBO』と変更されたそうです。

秀逸どころか、文字通り原題を食った貴重な作品!

2位『隣人は静かに笑う』

隣人は静かに笑う [DVD]

原題:Arlington Road
邦題:隣人は静かに笑う

サスペンス映画好きの私は、タイトルだけでこの映画を見てみたいと思いました。「隣人」「静か」「笑う」と組み合わせるだけで、これほど不気味な感じを出すのはスゴイ。

1位『天使にラブ・ソングを…』

天使にラブ・ソングを… [DVD]

原題:SISTER ACT
邦題:天使にラブ・ソングを…

『SISTER ACT』を『天使にラブ・ソングを…』とするセンスに脱帽。さらにその邦題が作品の内容に直結しているのが素晴らしい!

おまけ:これはヒドイと思った邦題…ワースト1位

ミニミニ大作戦

ミニミニ大作戦 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

原題:The Italian Job
邦題:ミニミニ大作戦

BMWから商業的な圧力でもかかったのかと疑いたくなるレベル。『The Italian Job』をそのまま使えないのはわかりますが、よりにもよって「ミニミニ」って。私は初めてタイトルを見たとき、子供がミニカーを使って奮闘する映画(ホームアローン的な)かと思いました。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

1 件のコメント

コメント