雨の日に見かける危険な傘の持ち方

【画像】雨の日に見かけるこの傘の持ち方は超危険!傘の先端は自分の視界に入るよう持とう

梅雨に入ると手放せなくなる「傘」。そんな傘の持ち方について「雨の日によく見かけるこの持ち方はほんっっっとに危ないというの広まって欲しい」と話題に。

危ない傘の持ち方のイラスト

おそらく皆さんも一度は見たことのあるこの持ち方、本当に危険なので自分がしないのはもちろん、ぶつけられないよう気を付けましょう。

本当に危ない!傘の先端が顔に当たる可能性

投稿した@neruto_suguasaさんは、さらに「エスカレーターは段差も出るから胸や顔にダイレクトに当たる可能性がでかい。腕なんて振ったら凶器。背の低い子供にも本当に危険。縦持ちが安全」と警告しています。

Twitterでは、その持ち方でさらにフルスイングする人もいるのが恐ろしいとの投稿も。

傘はこのように縦で持つことが基本。

普通はこんな持ち方をしたら後ろの人が危険だと気が付きそうなものですが、そういう想像力が足りない人も世の中にはいます。Twitterではわざとぶつかって気づかせるという人もいましたが、それも危ないですよね。かと言って、注意してトラブルになったらたまったものじゃありません。

結局、危険な傘の持ち方が広く認知されるのが一番の解決策です。本記事やツイートが一人でも多くの人の目に触れ、この持ち方が危険だということに気が付く人が増えてくれたらと思います。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

TwitterでWeberNoteをフォローしよう!

コメント