王道RPG!話題のスマホゲーム『白猫プロジェクト』をプレイした感想と評価

巷で話題のスマートフォン向けゲーム『白猫プロジェクト』。CMを見て面白そうだったので、先日ダウンロードしてみました。

白猫プロジェクト

今回は『白猫プロジェクト』の概要と実際にプレイしたレビューです。

関連記事:白猫プロジェクト攻略!リセマラ方法とレアガチャで当たりのおすすめキャラクター

白猫プロジェクトってどんなゲーム?

白猫プロジェクトは、株式会社コロプラが提供する次世代型アクションRPG。コロプラと言えば『魔法使いと黒猫のウィズ』や以前ブログで紹介した『ディズニー マジシャン・クロニクル』など、スマートフォン向けのゲームで有名。

公式PV動画はこちら。

ストーリーは2匹の猫の伝説からはじまります。主人公が冒険家カイルと記憶を失った少女アイリスと出会い…物語が動き出します。

白猫プロジェクトって面白いの?

ゲームはかなり丁寧に作られており、コロプラのやる気を感じます。

白猫プロジェクトは一般的なスマホのソーシャルゲームとは一線を画すクオリティで、しっかりアクションRPGしています。聖剣伝説やキングダムハーツなどが好きな方はストライクだと思います。

操作性もよく、独自のインターフェース「ぷにコン」を使用して1本の指で冒険できるようになっています。片手で簡単に操作できるというのはスマホゲームにとって重要な要素です。

白猫プロジェクト

また革新的なのが「スタミナ」という概念がないところ。ソーシャルゲームは時間でスタミナ回復というのが定番ですが、白猫プロジェクトはいつでもいくらでも楽しめます。これは時間に縛られないメリットがある反面、いつでもプレイできる人との差はどんどん広がっていきます。なので、そこは割り切って自分のペースでプレイしていきましょう!

白猫プロジェクトのこれからに期待!

とても面白く出来のいいゲームですが、不安要素もあります。

1つ目は攻略に時間がかかるため、周回するのが面倒臭くなりそうな点。さらにスタミナもないため、早く飽きてしまうユーザーが多い可能性もあります。

2つ目は協力バトルの不便さ。部屋を作ってコード発行→入力という手順のため、プレイするためにはリア友や掲示板等で探すしかありません。自動マッチング機能を搭載してほしいところです。

最後はインフレ。コロプラのゲームは重課金・インフレゲーのイメージが非常に強いです。私がプレイしている『ディズニー マジシャン・クロニクル』もインフレが激しく、古いカードはガンガン産廃になっていきます。そのあたりのゲームバランスはパズドラを見習ってほしいところです。

パズドラは古いレアモンスター(例えばヨミなど)も修正や進化などで、上手く調整をとっているのでユーザーもある程度安心してモンスターを育てられます。キャラのインフレ・産廃化はユーザーの不満につながりますので運営の手腕が問われますね。

ゲーム自体は完成度が高く大きな不満はありません。ダウンロード数もすでに500万を超えているので、ここからさらに伸びるかは運営次第だと思います。パズドラ・モンスト級にブレイクする要素は十分にあるので期待したいところです!

白猫プロジェクト
カテゴリ: ゲーム, ロールプレイング, エンターテインメント, アクション

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント