高額なパケット料を取られる可能性も!海外旅行中のiPhoneの設定について

ブログの更新が滞っていましたが、実は先日までハワイ旅行に行っていました!
そこで今回は、海外旅行中に注意したいスマートフォンの設定について解説しようと思います。

パスポートとメモ帳

海外に行く際は、iPhoneの設定を変更する習慣を必ずつけましょう。設定を忘れた場合、高額なパケット通信料などを取られる可能性があります。

[モバイルデータ通信]と[ローミング]を確認しよう

設定の変更するのは次の3箇所。

[設定]の[モバイルデータ通信]にある[モバイルデータ通信][4Gをオンにする][ローミング]を全てオフにします。[ローミング]はデフォルトでオフになっていると思いますが、必ず確認するようにしましょう。

iPhoneのモバイルデータ通信とローミング設定

簡単に説明すると[モバイルデータ通信]はパケット通信、[ローミング]は海外で自動的に現地の携帯回線につなぐことです。

iPhoneのモバイルデータ通信とローミング設定

海外では「音声通話/データローミング」を「オフ」にしておかないと、現地で電源を入れたとたん、iPhoneの自動通信が始まって、高額なパケット料金を取られてしまう可能性があります。

上記設定後、機内モードにすれば完璧です。機内モードの設定方法は[設定]か[コントロールセンター]で機内モードをオンにします。

ネット接続をする際は、Wi-Fiをオンにしましょう。海外は日本よりも公衆無線LANスポット(Wi-Fiスポット)が多いので、ホテルやデューティーフリーなどで接続することができます。

スマートフォンを持って初めての海外旅行だと知らない人も多いと思います。ご注意ください。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント