XPより短命なVista サポート終了で来年4月以降使えない事が判明

「Vistaなんて情弱OS使っているやつなんていないだろw」ってよくネタにされていますが、本当にそう思います。そんなVistaのサポートがもうすぐ終了するというVistaユーザーが不憫でならないニュース。

PCモニターを見て頭を抱えるOL

え?

私は当然Vistaです\(^o^)/

逆転現象の背景に「XPの大ヒット」

ウィンドウズXPはすべてのエディションで2014年4月までサポートを受けられるが、個人向けのウィンドウズビスタは2012年4月にサポートが終了する。2017年までビスタを使えるのはビジネスユーザーのみだ。

XPのサポートが終了するのは2014年。その後継OSのVistaは当然それ以降まで使えるはず――。そう思っている人は多いだろう。しかし、さにあらず。ビスタは2012年4月にサポートが終了してしまう。

これにより、2012年4月以降は、ビスタ向けの更新プログラムは提供されない。ビスタのユーザーは、最新OSのウィンドウズ7への移行を余儀なくされる。ビスタユーザーは今から要注意である。

LINK:XPより短命な“後輩”Vista、来春以降使えない

私が以前使ってたXPは、HDがカリカリ鳴るわ3回に1度くらいのペースでブルースクリーンになるわ、かなりの末期だったのでVistaを購入することになりました。それでもそのPCは某電気屋で2万円くらいで買い取ってもらえたので、とても満足してます。

正直、よく買ってくれたなと思いますw

それにしても、Vistaの切り捨てられっぷりはヒドイですね。
Microsoftは黒歴史としてVistaをなかったことにしたいのでしょうか…

今の私のパソコンもメモリ2GBしかないので相当重いです。
Firefoxとか、下手したら800MBくらい使ってますのでorz

今のところ頑張って使っていますが、何かのタイミングでWindows 7に買い換えたいです(おそらくその頃には次期OSが出てるでしょうが…)。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント