【レビュー】死亡フラグをへし折るRPG!DSソフト『ラジアントヒストリア』は隠れた名作だった

ニンテンドーDSソフト『ラジアントヒストリア』は、時間移動(タイムトラベル)を題材にしたファンタジーRPG。2ちゃんねるやAmazonの評価が高かったのでプレイしてみました。

ラジアントヒストリア(特典なし)

今回は『ラジアントヒストリア』の攻略法とレビューを紹介します。

ゲームの概要

「死亡フラグをへし折るRPG」というキャッチコピーが銘打たれ、時間を移動する力を得た主人公が歴史を操り、死ぬはずであった登場人物たちを助けていくような展開をアピールするものとなっている。

作中には銃やメカニックといった要素も登場したり、時間を行き来しながらルート分岐を埋めていくというアドベンチャーゲームのようなゲーム性も導入されていたりするが、基本的には剣と魔法の世界を舞台とした「王道のファンタジーRPG」と評される内容となっている。(Wikipediaより)

LINK:ラジアントヒストリア公式HP

ラジアントヒストリアの攻略法

ネタバレありますので注意。

キャラクターは、ストック、マルコ、レイニー、アト、エルーカ、ロッシュ、ガフカ。登場人物が多いので、攻略の肝はどのメンバーでパーティを作るかということになります。

どのキャラもそれぞれ一長一短ですが、私は「ストック×ガフカ×アト」のパーティをメインにストーリーを進めました。

なんと言っても「アトの○星陣→ガフカの風神拳」が強力。きっちり戦略を立てれば、それだけで最後まで無双できます。アトはなんとなく優遇されているキャラのようで「クロススター」など、通常攻撃もかなり強いです。

アトはHPが少ないのが欠点ですが「ヴィーナスリング」などの装備を使えば充分補えます。ただし、アトの「アトの○星陣」が使えない巨大な蜘蛛などの場合は、エルーカをおすすめします。エルーカの「ディバインライト」も強力で「ディバインライト→ホーリーライト」のコンビネーションがあれば、ほとんど全滅の可能性はないのでしょうか。

ただ、私はエルーカは性格とか…戦闘中の動きとか…銃弾の当たった音とか…見た目とか…なんとなく好きになれなかったので、ほとんど使う事がありませんでしたw

ラジアントヒストリアをプレイして

特に素晴らしいのが、斬新なシステムとストーリー。

時間を行き来して、死んでしまった仲間を助けたり、歴史を変えていくという展開はワクワクが止まりませんでした。また、そのシステムを活かしているのがよく練り込まれたストーリー。時間を移動するストーリーは、つじつま合わせなどが難しいと思いますが良く出来ていました。軽い展開はほとんどなく、終始シリアスな展開も個人的には好きです。

ラジアントヒストリア

ゲームバランスも良かったです。全滅しそうだけどなんとか倒せる絶妙な塩梅で、終始緊迫感を持って楽しめました。

スーパーファミコンの名作『ロマサガ』シリーズに似ているゲームだと感じました。有名ではないですが間違いなく良作なので、正統派RPGの好きなゲーマーに一押しの作品です。

LINK:ラジアントヒストリア(Amazon)

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント