【動画】東京ディズニーシーに行ったら絶対に行きたいショー&アトラクションランキング

東京ディズニーシーに行ったら絶対に行っておきたいアトラクション&ショーをランキング形式で紹介!

私の独断と偏見にあふれたランキングではありますが(笑)どれも自信を持っておすすめできるアトラクションばかりです。もし行ったことのないアトラクションがあったら、是非一度行ってみてください♪

関連記事:東京ディズニーランドに行ったら絶対に乗りたいアトラクションランキング

第5位 テーブル・イズ・ウェイティング

ドックサイドステージで行われているショー「テーブル・イズ・ウェイティング」が5位。

世界一周の旅から帰ってきたミッキーが、ゲストの皆さんに世界中の楽しいお土産を持ち帰ってくれたようです。ドックサイドステージの豪華なダイニング・テーブルに招待された皆さん、名おもてなし役のルミエールがお待ちかねですよ!

このショーのおすすめポイントはゆっくり椅子に座って見れることです。他のパレードだと場所取りも大変ですし、立ち見で鑑賞することも珍しくはありません。

その点「テーブル・イズ・ウェイティング」は時間ギリギリでも座れる場合も多く、ちょっと早めに行けばかなり近くで見ることができます。

※「テーブル・イズ・ウェイティング」は2017年3月17日にクローズし、「ハロー、ニューヨーク!」が開催されています。

LINK:ハロー、ニューヨーク!|東京ディズニーシー

第4位 センター・オブ・ジ・アース

4位は定番「センター・オブ・ジ・アース」。

謎の天才科学者ネモ船長によって明かされる、見たことのない地底世界。神秘的な光景に目を奪われていると、突然火山性の震動が発生!地底走行車は噴火とともに吹き上げられ…。

ディズニーシー屈指の派手なアトラクション!シーに行ったら一度は乗っておきたいですね。最後の加速からの落ち込みはやはり盛り上がります!

LINK:センター・オブ・ジ・アース | 東京ディズニーシー

第3位 タワー・オブ・テラー

こちらも人気のアトラクション「タワー・オブ・テラー」。ディズニーシーの中では一番怖いアトラクションではないでしょうか。

時は1912年のニューヨーク。1899年に起きたオーナーの謎の失踪事件以来、恐怖のホテルと呼ばれるようになった「タワー・オブ・テラー」。ニューヨーク市保存協会による見学ツアーに参加したゲストは、エレベーターで最上階へと向かうことに。身の毛もよだつ体験が待ち受けるとも知らず…。

ストーリーもなかなか凝っていて「ハイタワー三世」と「シリキ・ウトゥンドゥ」の話も楽しいです。個人的には昼間よりも夜の方が景色が綺麗なのでおすすめ。

LINK:タワー・オブ・テラー | 東京ディズニーシー

第2位 トイ・ストーリー・マニア!

ディズニーシーの最新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア(トイマニ)」!

ウッディが広げた大きな口から中へ進むと、いつのまにかおもちゃの大きさになっちゃった?!アンディのベッドの下で、おもちゃの世界のシューティングゲームを楽しもう!

先日初めて乗ったのですが、まさかこんなに面白いとは思いませんでした。

アトラクションの内容はディズニーランドの「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」と同じようなシューティングゲームなのですが、トイマニはさらにパワーアップしています。

欠点は「すさまじく混んでいること」と「腕がめっちゃ疲れること」(笑)スタンバイ3時間待ちもありえるので、ファストパスは是非とも取っておきたいですね。

LINK:トイ・ストーリー・マニア! | 東京ディズニーシー

第1位 ビッグバンドビート

1位はブロードウェイ・ミュージックシアターにある「ビッグバンドビート」!個人的にはシーに行ってこれさえ見れれば満足できます(笑)

ビッグバンドジャズの迫力あふれる演奏をバックに、ミュージシャンやタップダンサーたちが繰り広げるスタイリッシュなレビューショー。ディズニーの仲間たちも本格的な歌やダンスを披露します。中でもミッキーマウスの素晴らしいドラムプレイは一見の価値アリ!

たくさんのミュージシャンやダンサーが華麗な踊りや歌を披露するステージは感動すること間違いなしです。さらに後半出てくるミッキーマウスのドラムさばきは鳥肌もの。踊って戻ってそのままリズムにのってドラムを叩くミッキーイケメン杉。

先日行った時は隣の女性が「きゃー(ハート)ミッキーカッコいいー(ハート)すてきー(ハート)」と連呼してました。色々思うところはありましたが…気持ちはわかりますw

まだ見たことがない方は、是非一度体験してほしいショーです!

LINK:ビッグバンドビート | 東京ディズニーシー

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント