【レビュー】MacBook Airを初体験!「ことえり設定」には注意しよう

先日、職場にLion搭載の最新MacBook Airが届きました。

iPhoneとiPadminiとMacbook Airを使う男性

以前から、Webページの確認や勉強のために1台は欲しいという要望を出していたので、それがついに実現したようです!まだあまり触っていないのですが、ファーストインプレッションを書いていこうと思います。

MacBook Airのデザイン

とにかく薄くてカッコいい。これに尽きます。

以前アップル信者の方に「MacBook AirがMacの真髄」と説かれた記憶がありますが、本当に画面を見てるだけでテンションが上がるほど素敵です。

キーボードについているバックライトもお洒落すぎて震えます(西野(ry)

マルチタッチトラックパッドがスゴイ

一番驚いたのがマルチタッチトラックパッド。

「2本指スクロール」「スワイプでナビゲート」…動作を覚えるのがちょっと大変ですが、こんなパソコンがあるのかと衝撃を受けました。実際に動いている動画はこちら。

また、まだ何もソフトを入れていないということもあると思いますが、起動はWindowsと比べると相当速かったです。

「ことえり設定」には注意

Macの操作に慣れていないので色々と戸惑いながら触っていたのですが、日本語入力の仕方が本当にわかりにくかったです。

情弱なだけと言われたらそれまでなのですが、何をどうやっても日本語で入力が出来ない。ググってみたところ「Command + Space」でできるとあったのですが…やっぱり出来ない。

数十分格闘したあげく、環境設定で「ことえり」設定をしなければならないということが判明。詳しい設定方法については下記サイトを参照ください。

LINK:Macで日本語入力できない時の対処方法。ことえりを設定しよう!

なぜデフォルトで入力できるようになっていないのか不思議。初めてMacを使う人はハマるかもしれませんので、気を付けてください。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

最新情報をお届けします

コメント